2013年09月26日

2013年7月14日の小机ファーム その1早朝畑、栗カボチャの整枝、猛暑の人参の水遣り

110627ロゴ.jpg

この日も猛暑を避けて、早朝に畑へ。6時14分撮影。
P1030218.JPG

定点観測ポイントになった栗カボチャの栗坊。
今日も中一日置いて、たくさんの側芽が育っていた(@_@;)
P1030237.JPG

第1果は順調に、またちょっと大きくなっている、かな。
P1030236.JPG

整枝をすると、これほど風通しがよくなる。
P1030238.JPG

12日に種播きをした9番の人参の畝。
おや〜、真ん中辺の新聞が少し捲れているぞ〜〜〜(@_@;)
P1030219.JPG

近づいて見てみる。
捲れたところは完全に乾いてしまっている。
P1030220.JPG

もう少し捲ってみる。
新聞のかかっているところは、しっかり湿っているように見える(ホッ(~_~;))。
これくらいのことなら、何とかなるかな〜。
P1030227.JPG

乾いたところに水をやった。発芽が始まっていなければ種はまだ生きている。
生きていろよ、と願って水をやった。
P1030232.JPG

剥がれた新聞紙を埋め戻して、その上から畝全体にたっぷり水を遣った。
P1030233.JPG

新聞紙をかけても、猛暑の夏は乾いてしまうこともある。
命とは比喩ではなく、文字通り命懸けの飛躍によって初めて命になるものなのだ…。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム

■UzumakiファームHPはこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。