2013年07月15日

2013年6月23日の小机ファーム その1安藤さんとすばやく第2期のきゅうりの種播き

110627ロゴ.jpg

この日は、安藤さんをピックアップして、7時半を過ぎた頃に到着。
快晴だが、日中の気温は27度の予報。梅雨時期としてはすごしやすい、かな。

何事もてきぱきと行う、安藤さんと一緒なので、到着してすぐに14番の北半分の残しておいたスペースにきゅうりの第2期の種播きだ。
土はこのところの雨で十分湿っているので、そのまま種を播く。
播くといっても、きゅうりはまき穴を掘り種を置き、土をかける手順だ。
僅か14株なのであっという間に作業は終わる。
種を播き終わって、漸く撮影した(^^ゞ
P1020591.JPG

播いたのはこれ。
異常気象対応型、と銘打っている。
P1020592.JPG

一株に一粒づつ種を置き、予備を含めて14株播いた。
(通常は安全のために一株2〜3粒播くか、苗を作って、良い苗だけを選んで後は捨てる。
2株播いて、1株を間引くのがいやで、そうしたのだが、どんなものだろうか。第1期もそうしたのだった)
P1020593.JPG

さらに、足で踏んで土を固める。
(耕して第1期を植えたのが5月はじめだから、1ヵ月半ほど経っている。が触ったところまだ土は軟らかい。この2ヶ月は、豪雨がなかった、のだ。4月のように、畑が池になるほどの土砂降りの雨が降れば、有機分は流れ、土は団粒構造を失い、単粒構造=粘土っぽいやつになって固くなってしまう)
P1020595.JPG

あっという間に作業完了だ。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。