2013年05月20日

2013年5月13日の小机ファーム その3石倉一本葱200本+下仁田葱30本ほどを植える

110627ロゴ.jpg

用意した苗はこれ。
ヨネヤマプランテーションの本店で買った。
石倉一本葱(いわゆる長ネギの、太目になるもの。長ネギのスタンダード)が5袋。なんとなくその名前に惹かれて買った下仁田ネギが1袋だ。
P1010497.JPG

一袋に30〜40本見当で入っているようだが、実はこれがばらばらで買うときには大いに困り、良いものを探しまくった(^^ゞ
苗のサイズは40cmくらいが目安だが、小さいものもたくさんあり、売り場では極小のものだけが入った、事実上使えそうもないものまで相当数あった。

実際には、良いものは一袋30本くらい、かな。
良いものは、しっかりした根がでている。
P1010498.JPG

その根を短く切りそろえる。こうしたほうが植えやすい。
いずれ、新しい根が伸びなければ活着はしない。
根は、その表面から根毛と呼ばれる細い突起がでて、初めて水を吸ったり栄養分を吸収する。
菌根菌と共生して栄養分を吸収するシステム(関係性)の領域=根圏(こんけん)も根毛によって形成される。
P1010501.JPG

20cmの深さの溝の底をさらに掘って、短く切った根と根元を植え込む。
5cm目安のピッチで植え込んでいく。
P1010500.JPG

しゃがんで植え込む作業は腰が痛くなる。
2mほど植えては腰を伸ばし、を繰り返して、いったが最後2mほどを残して苗が切れた。
思ったより苗が少ないのだ(>_<)
P1010505.JPG

大急ぎで新羽のヨネヤマプランテーションへ行って、全部で10袋くらい残っていた中から、一袋だけ良さそうな葱苗を見つけて確保した(~_~;)
ついでに、傷んでしまったインゲンの補植用に苗を2ポット買った。
P1010506.JPG

また大急ぎで帰って、植えてみる。
なんとか植え溝いっぱいになった(~_~;)
P1010507.JPG

掘り上げた土の山を少し崩して、5cmを目安に溝を埋め戻して、足で踏み固める。
作業完了の図。
このときすでに11時30分(~_~;)
P1010509.JPG



    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。