2013年05月10日

2013年5月6日の小机ファーム その2きゅうりとズッキーニの種播き、0番の菜花を倒し第1耕、大根の疎抜き・にんにくの芽

110627ロゴ.jpg

葱の後は、きゅうりとズッキーニだ。
隣の15番に軽く潅水し、レーキと鍬で形を整える。
P1010294.JPG

種を取り出す。
P1010295.JPG

ズッキーニは11粒入っていた。(去年の「ブラックトスカ」は7粒だったけど(^^ゞ)
P1010296.JPG

ズッキーニは発芽率高く、したがって余分な種を播く必要性は低い。
株間90cmを目安に一粒ずつ土に押し込んでゆく。
P1010297.JPG

目分量でやっていたら90cmのつもりが、70cmくらいになったようで、半畝に9株になった(~_~;)。うち2箇所だけ2粒入れた。
P1010298.JPG

続いて、同じ畝の北半分のそのまた半分にきゅうりを植える。
(残った四分の一のスペースは未定だ)
こちらは2条に40p位のピッチで7株ずつ計14株、さらに真ん中に予備を4株だ。」
P1010299.JPG

種に土をかけ、足で踏んで、乾燥防止と土壌改良のための籾殻クンタンをたっぷり目にかける。
この後、不織布で全面を覆い、さらにネット類で覆って作業終了だ(^^ゞ
P1010302.JPG

今日の作業は盛りだくさんだ(~_~;)
0番の北半分の菜花、といっても放置しておいた、小松菜や小蕪・あやめ雪の取り残しを薹立ちさせたもの、をいよいよ倒すことにした。
薹立ちが始まってから、菜花動揺に柔らかな花穂を食べてきたが、いよいよ満開となり花茎は硬くなりはじめてきたし、夏物を植えるスペースが足りない、のだ(~_~;)
P1010306.JPG

倒した後の畝に、堆肥と石灰を入れて第1耕だ。
真ん中あたりには大きくなったパセリが1株だけ残っている。
P1010308.JPG

パセリを避けて、奥のほう(南側)まで、事のついでに耕した。奥のほうはすでに第1耕を終えている。
P1010309.JPG

8時から作業を始めて、すでに時刻は12時53分になった(>_<)
大急ぎで大根を疎抜きする。
ここ数日で急速に大きくなり、すでに疎抜きとはいえないサイズになってきた(~_~;)
P1010307.JPG

にんにくもいよいよ熟して、薹が立ち、「にんにくの芽」が出てきた。
もう少し伸びて、花蕾が付き、頭を垂れたら芽を採る。
にんにくの芽の炒めものも楽しみだ。
芽を摘んで10日ほどで、鱗茎が急に大きくなると収穫時だ(^^♪
P1010303.JPG
P1010304.JPG

にんじんはようやく、小さな本葉が顔を出した。
P1010301.JPG

季節の運行に確実にしたがって、生まれ育ち、そして潰えていくものたち。
疲れて、熱い体のなかに、季節の運行を感じながら、反芻しながら何かを確かめたいような気持ちで帰った。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。