2013年05月10日

2013年5月6日の小机ファーム その1強制移植?の大根復活、14番に増える農家葱を植える

110627ロゴ.jpg

好天が続く。が風が強い。今年の気候はどうしたものだろう。
風が吹けば強風となり、雨が降れば大雨となり、大気は獰猛さを増している、ように見える。

8時を過ぎた頃に到着。今日はゆっくり、だ。
P1010281.JPG

第1次間引きと手入れをした大根とキャベツ。
5月3日には、ほぼ枯れたかに見えた、移植した大根2株が小さな葉っぱを出し始めた♪
P1010283.JPG

何とか根付いたようだ。
大きな葉は枯れているが、真ん中から小さい葉っぱが広がり始めた。
P1010282.JPG

ジャガイモは出揃って、ふさふさし始めた。
しかし一緒に植えたのに、どうしてこんなに個体差というものがあるのだろう…と思ってしまう。
P1010284.JPG

一回りして、おもむろに仕事にかかる。
今日は、3日に第2耕を施した14番の畝に増える農家葱を定植する。

縄張りをして、深さ20cm目標に植え溝を掘るのだが、まずは浅めに掘ってキチンとラインを出して行く。
P1010285.JPG

2度目に、ラインを修正しながら、深さを揃えてゆく。
けっこうな重労働なんだけど〜写真じゃ伝わらないかな〜(~_~;)
P1010286.JPG

植え溝を掘ったら、苗を用意する。
20〜25cmくらいのピッチで植えてゆくので、一本植なら40〜50本。二株ほどで足りる感じだ。
P1010287.JPG


苗は一本ずつにほぐして、根を5cmくらいに切る。
まずは畝に並べて見る。
P1010288.JPG

と、思ったんだけど、ええい、といきなり植え始めた(~_~;)
寸法はテキト〜でいいかな、と。

普通は、効率を求めて根も切らず、植溝においてゆき、上から土を5cmくらいかける。
しかし、わたしは深植するために、深さ20cmの溝の底に移植ゴテを刺し込み、穴を掘って植え込む。
こうすると、地下部分が5cmほど深くなり白い部分が長くなることになる、のだ(^^ゞ
それに、根付きも早いし〜(^^♪
P1010289.JPG

植え終わったら、掘り出した土を上から押して固めるようにしながら、同時に深さ5cmくらいになるように土を植え溝に流し込む。
P1010294.JPG

最後に、植溝の土を足で踏み固める。
もともとしっかりした土に植え込んでいるので、これで乾くことは、ほぼ無い。
P1010291.JPG

作業終了の図だ(^^♪
P1010293.JPG

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。