2013年05月07日

2013年5月3日の小机ファーム その2にんにくの早採り、キャベツと大根の手入れ〜草取り・間引き・補植、新収穫に季節を感じる〜疎抜き大根・新玉ねぎ・絹さや

110627ロゴ.jpg

オザキさんが、にんにくを手にしてやってきた。
まだ早いんだけど、食べたいから抜いたんだよ〜。
え〜、まだ早いよね〜。
でも見てよ〜、このくらいなんだけどさ〜。
小ぶりだが、十分にんにくになっている、かな(@_@;)
P1010180.JPG
もう、良さそうだね〜、よく育っているな〜。
〜ふふふ、そうだろ〜、今年は堆肥をたくさんやったんだよ〜、である。

良くできたときは、みんなに見せて褒めてもらいたい、と誰でも思う耕作者心理なのだ(^^ゞ
(自然と人間の関係は、人間と人間の関係を通じて実現される、と柄谷行人も書いていた。元はマルクスだけれどね)

もちろんわたしも、試し掘りをする気になった(^^ゞ
P1010181.JPG

茎の太いものを探して、これと決めた。
P1010183.JPG

掘ってみる、が、鱗茎がどれほど大きいか、良くわからない(~_~;)
P1010185.JPG

結局2本抜いてみた。
やっぱり、小ぶりだが、にんにくにはなっている、かな(^^ゞ
P1010187.JPG

3番のキャベツと4番の大根。
キャベツは本葉が4枚になり大きくなった。そろそろ間引きして一本立ちにする。
P1010193.JPG

雑草も1度(たぶん4月はじめに)きれいにとったのだが、また目立って来た。
P1010195.JPG

雑草駆除中、である。釜を使うのも面倒なので、手で抜きとる。このくらいの大きさなら手で抜けば根ごと抜ける。
P1010197.JPG

草取り完了の図。綺麗になったら、苗の無いところが目立つ(ーー;)
P1010199.JPG

間引きをかねて、込み合ったところから空白のところへ、苗を移植した。
補植は5株ほど。
(手前の大根2株は、強引に移植したもの。ほぼ枯れ落ちている(>_<))
P1010205.JPG

間引きしたキャベツの苗。これらのものは、食べても美味とはいかず、捨てるだけだ。
P1010203.JPG

大根も草とりをして、たくさん疎抜きした。
こちらは、まだ小さい根茎も葉も美味だ。
一度に食べきれないので今日抜いたのは20本ほど。1週間の内にもう40本ほど抜くことになる。
P1010192.JPG

早生玉葱がどんどん採れだした♪
P1010207.JPG

絹さやもそろそろたくさん採れだした♪
P1010209.JPG

先月とは、収穫物の顔ぶれが大幅に変わった。
P1010208.JPG
季節の変化を実感する時だ、な。

移り行く季節の喜びと、儚さを感じながら帰った。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。