2013年04月13日

2013年3月17日の小机ファーム その2危険!なサヤエンドウの定植、薹立ちした小松菜と蕪の花穂を食べる

110627ロゴ.jpg

1番の畝にサヤエンドウ(絹さや)用の支柱を立ててネットを張った。
P1000134.JPG

こちらは5番の豆類の苗。
ずっとビニールトンネルを掛けていたので、結構大きくなっている(^^ゞ
P1000135.JPG

ソラマメは花をつけ始めた。
P1000136.JPG

ぼうぼうになったスナップエンドウと絹さや。
P1000137.JPG

このままではいくらなんでも茫々なので、手前の絹さやを移植する予定なので、マルチを途中で切って取り払おうとして悪戦苦闘した(ーー;)
P1000140.JPG
絹さやのところだけをうまく取りきれず、スナップのところも一緒にずたずたに切り裂いてしまった。

1番の畝に25cm位のピッチで植え穴を掘って、水を入れて植え付け準備完了だ。
全部で19株分のスペースになった。
P1000141.JPG

根を切るのは、しょうがないが、できるだけいためないように苗を掘り出して、ポットに入れてゆく。
P1000142.JPG

掘ったら、すぐに植えてゆく。
P1000143.JPG

植え替え完了の図。
P1000146.JPG

しかし実は、エンドウ類の植え替えは危険だ。
一昨年、やむを得ず緊急事態で植え替えたときは、全部枯れてしまった。
去年苗を買って植えて、スナップはうまくいったがインゲンは皆病気になってしまった。
今年は(って、去年の秋物なのだが)作物の育ちが遅れて、どうしても畝が足りず、ええいっままよ〜と記念を承知で移植を敢行することにしたのだった。
でも、考えてみれば春播きにしてもよかったのだが〜^_^;

豆類は病気に弱く、酸性にも弱く、根の痛みにも、水不足にも弱い、のだ…(ーー;)

採り損ねて、薹立ちした小松菜やら、蕪やらの花穂を摘んで食べることにした(^^♪
菜の花、ということなんだな。
蕪も小松菜も柔らかくほんのり甘くて、生で食べても、そのままで美味だ。
P1000149.JPG

危険な絹さやの運命にちょっとどきどきしながら、今晩の花穂を楽しみに帰った。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355125252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

役立つブログまとめ(社会貢献): 神奈川県の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 神奈川県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2013-04-17 22:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。