2013年02月22日

2013年2月17日の小机ファーム その2いたいけなスナップエンドウ、残渣の穴掘り

110627ロゴ.jpg

イチゴのビニールトンネルを張り直し、豆類のビニールも張りなおした。
スナップエンドウの発芽を見たかったのである(^_^;)
出ている、出ている、ちっちゃいのが出ている。
P1400573.JPG

アップで。
いのちは、その始まりはまことに小さい。初源の始まりにおいては一つの細胞でしかない。
人間くらいのサイズに「成長」してきた、複雑または高等といわれる生命体においても、その始まりはやはり小さい。
植物の種の一粒は10分の1o程度から数p程度まででしかない。
スナップエンドウはそれでも、直径5o程の豆から発芽する。植物の中ではきわめて大型の部類に属するが、苗の姿はやはり、幼気(いたいけ)で小さくいじらしくさえある。
P1400574.JPG
(わたしは、岡本かの子について思った)
幼気(いたいけ)とは、おさなごに対してもつ、小さくて愛らしいという感情と、小さくて痛々しい憐れむべきという、愛するがゆえに苦しいという感情の働きを指す。
いのちとは、その輝きで他のいのちの欲動を引き出すが、同時にあまりに弱くてみじめで憐れむべきものでもある、か。
ひとつの命の欲動の躍動は多く、他の命の蹂躙であったり、する、か。

     ※     ※     ※

ビニールトンネルの張り直しを終わらせてから、おもむろに、春耕のための残渣整理用の穴掘りにかかった(^^ゞ
いたいけなものを見たら、なぜか力を出したくなったんだ、ね(^^ゞ
P1400578.JPG

表土は凍っていて、剣先スコップの先からパリッとかバキッとか音がする。
土の中からは、厚さ10mm異常の氷が出てきた(@_@;)
P1400576.JPG

深さ40cmくらいまで掘り進んで一休み。
腕の筋肉が熱くなり、息も切れ始めた、からね(~_~;)
P1400580.JPG

さらに掘り進むと、表土の下(耕作層のした)はいろんな根っこや蔓の世界だ(@_@;)
P1400581.JPG

深さ70cmくらいまで掘って、作業完了♪
ん〜、40cmとの違いが写真ではわかりづらいかも。
人間の目の性能に比べると、カメラの視認力は格段に落ちるからね〜、しょーがないかな〜。
P1400583.JPG

穴掘りでくたびれ果てて、あとは収穫にかかった。
P1400587.JPG
たくさんの葱と、ほうれん草とそのほかは少し、のものたちを採って、畑を後にした。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

役立つブログまとめ(社会貢献): 神奈川県の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 神奈川県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2013-02-25 18:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。