2013年02月11日

2013年2月4日の小机ファーム スナップエンドウのぎりぎりの種播き、絹さやとソラマメの整枝

110627ロゴ.jpg

この日も快晴。気温は真冬の気温だが、日が差せば畑はぽかぽか陽気だ。
P1400349.JPG

9時ころ、畑に着くと耕運機が出してある。誰かがもう土作りをはじめたのだ。
P1400350.JPG

こちらはまだ春の土作りには、作業が追いついていない(~_~;)
去年から苗を作っているものや、ようやく収穫を迎えたもののケアで手一杯だ(^^ゞ

去年の11月26日に播種した絹さや。25株全部が発芽している。
P1400354.JPG

同じくソラマメだ。12株の予定だが、種が一個余ったので13株になっている(^^ゞ
P1400355.JPG

スナップエンドウだ。
なぜか、ここだけ50株中8株しか発芽していない(>_<)
それにしても、である。11月に絹さやと同じように種まきしたのに、なぜにスナップエンドウだけ、それもわたしの一番の好物(豆類では、ね(^^ゞ)のスナップエンドウだけ発芽率が悪いのか理解できない。
P1400459.JPG

で追加の種播きをすることに…(^^ゞ
豆類は、関東では10月下旬に播種して翌年3月に植え替え(定植)て、5〜6ごろ収穫するようなことになっている。(わたしは11月26日にやっとこさ種まきしたのだが…)
しかし、春播きでも、どうもイケるらしいので、ぎりぎりのタイミングで播いてみることにした。
P1400356.JPG
サカタのタネの商品だがもちろん外国産で、真っ青な消毒剤の色が着いて、毒々しい。
今年は何とか種を採りたいものだが…。

一株に4粒ずつ押し込んで、適度に土をかける。深さは1cmくらい。あまり深いと酸素が足りずに発芽しないらしい。
11月の時には、スナップエンドウだけ、力が入って深く押し込んでしまったのだろうか、などと思いつつ、慎重に、深植えにならないように注意して播いた。浅くても、ビニールトンネルが湿度を保ってくれる、ハズと信じて浅く播いた。
P1400359.JPG

側芽がでてぼうぼうになっている絹さや。
P1400357.JPG

ちょっと整枝してすっきりした。豆苗もほんの少し採れた♪これを塩炒めにして食べよう(^^ゞ
P1400360.JPG

ソラマメの側芽もとった。
P1400361.JPG

少しのトウミョウをもって、スナップエンドウの発芽の姿を思いながら帰った。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/321857721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

役立つブログまとめ(社会貢献): 神奈川県の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 神奈川県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2013-02-14 20:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。