2012年11月27日

2012年11月21日のUzumakiファーム その1 イチゴを植える〜水持のよい畑?、土作り、

110627ロゴ.jpg

武蔵小杉の東横園芸で、半端もののイチゴの苗が安いのを見つけたので、イチゴを植えることにした。
午前に苗や道具を買って、午後一番畑についた。
P1380892.JPG

18日の日曜日に、驚くほど溜まっていた残渣用の穴の水は、3日経ってもまだたっぷり残っている(@_@;)
これは、水持がよいというのか、水が捌けないというのか…。地表もまだまだ湿っている。
P1380893.JPG

19日にオクラを倒し、第1耕を施した5番の畝に、さらに160ℓの堆肥と2kgの有機肥料を入れて、耕運機でゆっくり深く耕す。
P1380894.JPG

畝を立てて整形し、だいぶ以前に買ったモザイク病予防効果をうたうマルチをかけた。
ん〜、ちょっと曲がっているぅ〜??
P1380897.JPG

件の、安い半端もののイチゴ苗を並べて植え位置を決めた。
P1380898.JPG

ヨネヤマプランテーションでも、シマホでもイチゴ苗は品種を問わず289円で販売されているが、東横園芸では126円だった。
おそらく、売れ残って、数がそろわなくなった半端な商品だが、けして傷んではいない、元気な苗だ。値段を付け替えたわけでもなさそうだ。
もともとこの値段で販売していたように見える。
かくてまた、農産物価格とは、と思ってみる。

園芸商品は一般に園芸店より、大資本のホームセンターなどのほうが値段が安めだ。
しかし、店によってもともと売価の違いが比較的大きいジャンルだ。

それにしても、である。一方で289円のものがなぜ他方で126円で売られるのか。
農産物には、もともと自然からの贈与としての面がある。その部分はほぼ貨幣によって表現されえない。
したがって、生産にかかわる設備(投下資本=不変資本)比率が低い。また流通範囲が、全国ではなく比較的狭いことも多い。
とすれば可変資本(労働力商品)と利潤率によって価格は主導的に決定される。
そこでは産業部門間で、総剰余価値が分配されていたように、1部門内で、1販売店内で総剰余価値が分配されている。そこで比較的恣意的な価格決定がなされる、のではないか。
言い換えればそのような商品は、一般に市場流通交換というより、非市場的(地域的〜人の顔が見える)交換としての性格を色濃く持っている、ように思える…、のだが。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 14:55| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。