2012年11月24日

2012年11月18日のUzumakiファーム その3

110627ロゴ.jpg

長時間のしゃがみっぱなしの植え付け作業で、固まって痛んだ腰を伸ばしきったその頃、高倍さんも到着。
遅いよ〜、もう終わっちゃったよ〜の非難をかわしつつ、早速作業開始だ。
トマトの隣の7番の畝の先週播種したものたちの補播種をした。
P1380822.JPG

奥からほうれん草、サラダ菜、白蕪、聖護院蕪を播いてある。
ほうれん草から順番に聖護院蕪まで、発芽してないところに種を押し込んだ。
手前の余ったスペースには玉ねぎの残った苗を植えた。
P1380823.JPG

冬に向かって、最高気温が15℃を切り、植物たちはもうそろそろ生長を止める。
真冬に食べられるように遅い種播きをしたものたちのために(というか食べる私たちのために、なのだけれども)保温のためにビニールトンネルをかけた。
P1380824.JPG

土が湿っているので、葉物や蕪や大根を収穫した。
帰ろうとすると、アブラムシで傷んだ1番の白菜が目に入った。
傷みは、就職することなく、じわじわ広がっているように見える。
以前に抜いてしまったものたちの隣の白菜も、アブラムシに師管液を吸われて黄色く枯れしぼんでいる(>_<)
P1380825.JPG

このままではますます広がり、白菜の全滅は必至だ。加えて、隣接するものにもアブラムシが広がり葉人ている。
泣く泣く、白菜を全部処分することにした。
すでに黄変し枯れ死したもの、まだ緑色だがアブラムシだらけになったもの、少しだけアブラムシが外葉についたもの…。10株ほどの白菜を、抜いて処分した。
後に石灰を撒き、鍬で耕した。
P1380828.JPG

それでも育ちの良かったものたちは、小さな結球を作っていた。
P1380827.JPG

5つほどの白い小さな白菜を手に、ほろ苦く家路についた。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 20:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。