2012年11月08日

2012年11月5日のUzumakiファーム その1 気温10℃、EMダンゴ、今度こそ最後の種まき〜ほうれん草・サラダ菜・中蕪、桃太郎の落果

110627ロゴ.jpg

昨日の快晴とはうって変わって、今にも降り出しそうな曇り空のこの日、朝露を予想して8時に到着した。
が朝露はまったくない。
ま、それでも日が高くなるまでは、寒いから、8時でいいんだけれど(^^ゞ
P1380576.JPG

日陰の気温は10℃。やはり気象庁公式発表の気温より3度ほど低い。
P1380578.JPG

予報では夜には雨なのだが、空をみて、もしや降り出しが早くなるのでは、と怪しんで、勤勉に作業を始めた(^^ゞ

去年作ったEMダンゴが出てきたので、持ってきた。
昨日処分した、アブラムシ被害の白菜の畝の両端に置いた。
効果があってくれると良いが(^^ゞ
P1380582.JPG

昨日、サトイラズ(新潟地大豆、だね)を始末した7番の畝の北側に堆肥と有機肥料を元肥として入れて、第2耕だ。
P1380579.JPG

すでに元肥を入れてある、奥のほうの南側も一緒に耕し直して、一本の平畝を立てた。
P1380580.JPG

なんだか妙にやる気になって、4条筋蒔きのまき筋を付けた(~_~;)
P1380581.JPG
今から葉菜類を播いても成長はぐっと遅くなり、十分に育たない可能性も高い、のだが、播かずにはいられない、ような気がする、のだ。
様子を見ながら、ビニールトンネルをかけてやろう、そして冬中緑の畑にしておこう、な〜んて思ったわけである(^^ゞ
今度こそ、今年最後の種まき、になる、かな(~_~;)

しかし何を播くかは、決めていない(^_^;)
真冬に美味しいもの、真冬に美味しいもの、とスローガンを唱えながら、手持ちの種を探していくつか出してみた。
P1380584.JPG

なんとほうれん草が4種に、からし菜、サラダ菜各1だ。
真冬に、わたしはほうれん草が食べたいのだ、きっと、間違いなく(^_^;)
頭の中では、宮前区のEM自然農法の織茂さんの、ビニール温室のハウスの中の草丈50pにもなるほうれん草が舞っていたのだった(^^ゞ

で、選んだのは豊葉ほうれん草。
もっともポピュラーなほうれん草、かな。
P1380585.JPG
このほうれん草の種は、とがっていて素手で扱うと良く皮膚に刺さる(~_~;)
ほうれん草を100株ほど播いた。

思い直して、サラダ菜を40株ほど、中蕪のスワンを60株ほど播いた。
やっぱり冬にも生野菜、冬には蕪のスープなんである(^^ゞ
P1380588.JPG

小一時間ほどかけて、10mの畝のうち、6m程が埋まった。
ほうれん草を播いたあたりには不織布をかけた。
発芽のための乾燥防止というより、晩秋から冬への篠つくような激しい驟雨や霰を恐れてのことである。
ほうれん草は、雨に降られただけで弱ってしまうのだ。
P1380590.JPG

中蕪の種を播いていると、背中でぼとっと何かが落ちる音がする。
振り向くと、中玉ぐらいになった、桃太郎トマトが落ちている。
(江戸の人なら、椿の落花をみて言うように、首が落ちるようだ、などと物騒な連想をして、忌み嫌うかもしれない、な)
P1380589.JPG
実をここまで太らせた11月のトマトだが、草勢強そうに見えても力は弱って、軽く触れる度に、それまで持ちこたえていた実を手ばなしてしまうのだ。
トマトに心があるならさぞや悲しかろうと、自分本位にもわたしは思ってしまう。
ついで、そのような個体を蹂躙するあり方こそ、自然というものの摂理だ、と思ってみる。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 20:41| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。