2012年10月30日

2012年10月26日のUzumakiファーム その1晩秋の姿を見る〜神津さんが手入れする花壇・小松菜と蕪・旺盛なにんにく・老熟のツルムラサキ・たまねぎの被害・季節はずれのズッキーニとトマト・茎ブロッコリー不調・順調な大根とねぎ、宿命を甘受する忸怩たる晩秋

110627ロゴ.jpg

この日から、作業は8時開始。
朝露が降りてびしょびしょなのだ。
空気はひんやりとして、晩秋の訪れをひしひしと感じさせる。

畑に着くと、花壇に手入れの跡がある♪
ファームの“花壇担当”神津さんが来たのだ、な。
手前の雑草がきれいに抜かれ、周辺も少しきれいになり、奥のほうに何か植えてある。
P1380330.JPG

神津さんは、作業日が土日から、日月に変わったため、なかなか顔を合わせられなくなってしまった。
申し訳ないm(__)m

0番の12月用の小松菜と蕪たちはしっかりしてきた。
P1380331.JPG

にんにくは旺盛に伸びる。
P1380332.JPG

ツルムラサキは、新芽の伸びがめっきり遅くなり黒い実のようなものをつけ始めた。
P1380333.JPG

たまねぎの苗が根切り虫にやられて、数本倒れている(>_<)
たまねぎの苗は思ったほどには育っていないし、残存率も低い。幼苗のときに遭遇した、9月末の台風の影響も受けただろう。甘く見たわたしが、不織布を外してしまったのだ。
申し訳ない。
P1380334.JPG

ズッキーニがたぶん最後の大きな実をつけていた(@_@;)
種を取ろうか、どうしようか。
P1380335.JPG

桃太郎トマトが、まだいくつか(10数個)着果している。これらのトマトはゆっくりと熟し、冷気にあたりながら甘くなる。いつまで残しておこうか。
P1380337.JPG

茎ブロッコリー・ステックセニョールは相変わらず育ちが悪く虫食いも多い。
P1380339.JPG

大根は生育順調で、そろそろ、大きくなって大根らしくなってきた。
まだ小ぶりだが、もう、十分に一人前だ(^^♪
P1380341.JPG

一本ねぎは、一段と伸びて、太さも増してきた。
そろそろ白い部分は30cm。
最後の土寄せをしておこう、と思った。
P1380345.JPG

晩秋。
今年の収穫に感謝し、ということはつまりけして優しくはない自然というものの運行のうちにあって、意識や言葉を持ってしまったものとして、その宿命を嗜むように甘受し受け入れてゆく、ということになる、のかな。
市場システムの最盛期と老熟期の、いわば晩秋の時代に遭遇してしまったことも含めて、である…。
忸怩たる晩秋。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

posted by foody at 21:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

役立つブログまとめ(社会貢献): 神奈川県の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 神奈川県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2012-10-31 22:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。