2012年10月25日

2012年10月21日のUzumakiファーム その1里芋の露、小松菜・大根・にんにくの生長、にんじんの事件、無農薬でも虫害少なく

110627ロゴ.jpg
この日は少し寝不足で、ボーっとしている。また少し、秋が深まって気温が下がる。この日の気温は15℃くらい。(気象庁発表の横浜の気温、ね)
ああ今日は10・21だな、44年前も10・21は寒かったか〜なんて思いながら7時を少し過ぎて畑に到着。
P1380174.JPG

畑の気温は13℃。
P1380186.JPG

里芋の葉っぱには、びっしりと梅雨が下りている。土もしっとり湿っている。
P1380175.JPG

一週間間を置いた小松菜(右側の16番畝の左端)は驚くほど伸びて、もうそろそろ収穫可能な感じだ(@_@;)
間引きを終えた大根も大きくなって、地面が見えない(@_@;)
P1380176.JPG

にんにくも一週間で驚くほど大きなっている(@_@;)
P1380177.JPG

寒さに向かう中で、たくましい作物たちに感じ入っていると、おやおや、事件発覚!!である。
人参の葉っぱが、かなりの範囲で丸坊主になっているぞぉ〜〜〜(T_T)
P1380178.JPG

どれどれ、と近づいてみてみると、いるいる。たくさんいるぞ〜。
これは〜、ウワバガ(上翅蛾)だな〜。たぶんミツモンキンウワバガ(三文金上翅蛾)だ。丸々太って体調30o程度のさなぎになる直前のくらいの終齢の幼虫だ。さぞやたっぷり食べたに違いない(T_T)
P1380180.JPG

探せば探すほど見つかる(-_-;)
結局、30匹に近いウワバガの幼虫を発見、遠いところへ行ってもらった。

それにしても、どうしてこんなことになってしまったものか。
こんなに大量発生するとは〜、しかもネットのなかで、だ。
(もっとも、大きく伸びた葉が押し上げたので、ネットの底は開いていたのだが(^^ゞ)
ひどく食われた一本。芯まで食われているかもしれない。
葉が再生するものかどうか、難しい感じだ。
もう、掘り出してしまってもよいのかもしれないが…(~_~;)
P1380182.JPG

ということで掘り出してみた。生育は今一歩、だな。
P1380189.JPG

ネットの外に、落ちた種から発芽したものか、人参が一本だけある(@_@;)
こちらは虫には全く食われていないのだ。
P1380187.JPG

今回のにんじんは食われてしまったが、完全無農薬でやって3年。今年ほど虫の害の少ないことは初めてだ。
堆肥の使い方、耕耘のタイミングや間隔、つまり土の作り方がだいぶ呑み込めてきたような気が、
チョットだけ、するのだけれど(^^ゞ

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 21:40| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。