2012年09月23日

2012年9月22日のUzumakiファーム その1雨の中休みに畑の点検〜元気になる茄子・ピーマン、モグラ出現と大根、青梗菜とほうれん草は発芽中、チマサンチュとえごまはまだ、玉葱発芽

110627ロゴ.jpg

早朝に雨が残ったこの日、ゆっくり目に10時ころ到着、したのだが、空は今にも泣き出しそう(ーー;)
晴れれば日照が続いて旱魃寸前、かと思えば、降れば大雨で種や苗が流れたり雨に叩かれて傷んでしまいそうな、農耕にとっては不順な気候だ。
P1370321.JPG

茄子たちはめっきり元気になり、「秋茄子」を実らせる。
P1370318.JPG

ピーマンも元気になってたくさんの花をつけ始めた。
P1370320.JPG

まずは新しく播種したものたちを見に行く。

9月8日播種の大根の畝に異変発見、である。
おやおや、にょきにょき盛り上がって、罅割れたところがある。
地中を、地中動物が移動したのに違いない。
モグラ、だな。モグラが通過した後の土盛り(モグラ塚)だろう、きっと。
P1370348.JPG

モグラはこのあたりでは、アズマモグラという日本固有種が広く生息する。
モグラは漢字で土竜と書くが、土竜とはもともとミミズのことで、江戸期以降に誤用されたものがそのまま定着したものらしい。
ミミズや昆虫の幼虫を食べる。この時点では半分害獣、半分益獣だ。
しかし、ところかまわずトンネルを掘って、農作物の根を傷め、被害を与えることがある。こうなると害獣、ではある。

大根そのものは、はすくすくと伸びている。
(雑草もそろそろ増えてきた(ーー;))
P1370332.JPG

17日播種の、16番の青梗菜とほうれん草。
どちらも半分くらい発芽している。
なんとか、もう2〜3日穏やかな天候が続いてほしいものだが。
P1370326.JPG

青梗菜の幼い双葉。
P1370327.JPG

こちらはほうれん草。
P1370328.JPG

たまねぎを見に行く途中の12番の一本ねぎの畝にも、忽然と穴が開いている。
P1370333.JPG

トンネルが続いているわけではないが、どうもモグラが、跳梁跋扈ではなくて縦横無尽に、食糧確保のためにトンネルを掘削していることに間違いないようだ。
害虫(昆虫の幼虫ね)も食べているかもしれないが、きっとたくさんになったミミズが一番食われているのではなかろうか。
何か対策を用意しなくては…、だな(^^ゞ

10番のたまねぎの苗床の畝。
手前のスペースに、エゴマとチマサンチュの種が播いてあるが…。
う〜ん、まだはっきり見えない。
P1370335.JPG

でも、よ〜っく見てみると、1〜2か所に小さな芽らしきものが〜、ある、かな〜どうかな〜(^^ゞ
P1370337.JPG

9月8日に播種した早生玉葱。
すっかり出揃い、草丈も5〜6cmになっている(@_@;)
P1370338.JPG

9月16日に播種した中生玉葱こがねにしき。
新聞紙をそ〜〜っと捲ってみると、出ている出ている、小さなのがびっしりだ(^^♪
P1370341.JPG

アップで見てみる。まだ1cm位の小さいのがびっしり発芽している。
まだ、日中の強い光線と熱は危険なので、2〜3日後に新聞紙を捲ることにしよう(^^ゞ
P1370342.JPG

15日に播種したキャベツの第2期も完全発芽 だな〜(^^)v

同じく8日に播種して15日追加の種を入れたのらぼう、ブロッコリーも発芽している。
あとは、白菜の追加半畝(24株)、蕪や小松菜の第2期ぐらいで、主要な秋作の初期作業はほぼ終わり。
あと1週間、穏やかな空模様であってほしいものだが…。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 11:56| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。