2012年09月19日

2012年9月16日のUzumakiファーム その2 女性陣活躍〜16番と1番の第2耕、収穫、大根補整、Uzumakiファーム看板立つ!!

110627ロゴ.jpg

玉葱播種のあとは、残り少なくなった空きスペース16番と1番の第2耕だ。
この日は力仕事も女性お二人がどんどん先にたってやるので、わたしは心配しつつ見守った(^^ゞ
P1370177.JPG
およそ10mの畝に堆肥4袋と有機肥料を散布する。
斉藤さんはレーキで堆肥を均している。

もちろん耕運機こまめパンチで、ゆっくりじっくりできるだけ深耕に努めた。
(とはいっても軽量耕運機だからね〜^_^;)
耕運終了後の16番畝。
P1370179.JPG

続いて女性陣がさっさと準備をしてしまった1番の畝も10分ほどで第2耕終了。
P1370180.JPG

手際よい作業で、思ったよりも早く本日のメイン作業その2が終わった。

今日の主要な作業を終えて、次は収穫だ。
モロヘイヤに埋もれるようにして収穫する佐々木さんと斉藤さん(^^ゞ
P1370183.JPG

収穫がつるむらさきやピーマンやオクラやきゅうりに移るころ、わたしは発芽していない大根3株分の追加の種を播いた。
すかさず佐々木さんが水をやってくれたm(__)m
P1370184.JPG

さて、最後の作業は、大仕事ではないがトピックとしてはbPかな〜(^^♪
Uzumakiファームの看板を立ててみた。

シナベニヤの横板に、細い足を釘で打ちつけて花壇の上に深さ15cmほどの穴を掘って立てた。
P1370187.JPG
ここでも、佐々木さんが水をやっている♪
埋め戻した土が固まるようにと、いう気持ちだ。

少し離れてみてみる。
高さは道路を歩いている人の目線の高さに合わせたのだ。
P1370189.JPG
看板表示部分は紙に出力したものをラミネートしたもの。
看板サイズに合わせて55cm×25cmの変形だ。
本体には、ガムテープで仮付けしただけ^_^;
明日までついているかどうか、というような頼りなさだ。
内装用の強力な両面テープをもって、近々ちゃんと取り付けに来よう。

一通りの作業を終えると、みんなで一休みのブレイクタイムだ♪
佐々木さんが、持参の果物を取り出した。
もちろん、冷えている(*^^)v
P1370190.JPG

冷えたメロンを口に含む。
P1370192.JPG
これでもか、というようなたっぷりの甘い果汁が口中を満たし、ひとかみするとさらに甘く、もうひと噛みするともっと甘あまとした味わいが流れ出し、大河のように広がり、空にも広がり体ごと周囲の全体を浸すようだ。
甘いは、美味い、だなとしみじみ味わう。

高瀬さんの持参したダンボール堆肥から実生したトマトに、一粒結実したトマト。
P1370196.JPG

ひとつだけだが、それでもしっかり熟して、胴割れしてきた。
主である高瀬さんは持病の状態思わしくなく、しばらく畑に来れない。
主のいぬまに、ではなくて主の代理ということで、謹んでいただいた(*^^)v
熟した夏の、甘い味がした。
P1370199.JPG

畑では熟した夏が、すでに大きく秋に舵を切っている。
気温は高く、秋作の種まきは難渋したが、それもおよそ落ち着いてきた。
いまなら、種を播いても、全部が乾いてしまうようなことは、もう、ないだろう。
季節の運行というものの微妙さ、絶妙さに感じ入りながら帰った。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 18:07| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。