2012年08月25日

2012年8月19日のUzumakiファーム その2秋作始まる〜14番・18~20番の土作り第1耕、連日参加の高倍さんとモネとダリ

110627ロゴ.jpg

次はいよいよ秋作にかかる。
14番から20番まで、広大なスペースだ♪
まだ8月だが、秋はすぐに深まる。順を追って着実に進めていかねば、季節に遅れを取る。
今月は手始めでアブラナ系や小さな葉野菜を発芽させたい。
本日土作り第1回を終わらせて、来週には播種したい。
14番にキャベツの予定だが、南半分に第1期分を播く。18番の南半分、19番(一畝)、20番の南半分に蕪や葉野菜を播く、つもり。

まずは17番のにんじんを終わらせたり、18番のぼうぼうに伸びたツルムラサキの側枝を収穫したり、終われるようにぼとぼと、とろとろと動き回る(ーー;)

そうこうしているうちに、高倍さんがモネとダリと一緒に到着。
早速、ツルムラサキの収穫に参加中の、モネとダリ^_^;
う〜、今日は日陰で休んでる〜〜〜??
P1360300.JPG

一人では、のろのろぼとぼととろとろでなかなか計(はか)も行かないのだが、人が加わると俄かに作業は進む^_^;
(単に、一人では怠けているだけ、なのだが…(^^ゞ)
にんじんの始末もさっさと終了。
終わらせてみると、予想外にたくさんのにんじんがあり、この写真の3倍ほどのにんじんが残っていた(@_@;)
P1360304.JPG

オザキさんがやってきて、新メンバーにウェルカムの立ち話(^^ゞ
P1360303.JPG

次に所定の場所に堆肥を運ぶ。堆肥は一袋40ℓ、15kgほどある。
P1360305.JPG

およそ5uほどの各畝に、堆肥一袋と消石灰500gほどを散布。
高倍さんも耕運機に初挑戦だ(^^ゞ
P1360307.JPG
耕運作業は、楽なようだが、実は意外な重労働だ。
通路にしていた部分は土が固くしまっており、加えて晴天続きで干上がっていっそう固い。
軽量の耕運機は、ロータリー刃が跳ねてしまい、なかなか耕すことができない。
前へ進もうとする耕運機を、引っ張って、同じ場所でしばらく刃を回すとようやく少し(たぶん10cmほど)掘れる。
30分も踏ん張っていると、腕とか肩とか、足とか腹筋とかに効いてくる(^^ゞ

小一時間ほどもかかって第1耕終了だ。
後は、1週間ほど置いて来週、倍量の堆肥と有機肥料を入れて第2耕をして、土の準備完了だ。
P1360308.JPG
正確には
14番、15番北半分、16番北、17番北、18番南、19番、20番南の4.5畝分の第1耕だ。

高倍さんが、耕運機と格闘している間に、わたしは7月15日に定植した第2期の一本ねぎに追肥を施した。
定植1ヶ月が過ぎて、だいぶ大きくってきたので、先週から追肥をやらねばと気になっていたのだ。
P1360309.JPG

土寄せもして、追肥完了だ♪
P1360312.JPG

収穫もして、10時前には、余裕で作業を終えた。
高部さんの貢献大、なんである。
これからもよろしく、ですm(__)m

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 18:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。