2012年07月28日

2012年7月22日のUzumakiファーム その2無音が畑に交響する〜さといも、オクラ、モロヘイヤ、晩生きゅうりの種まき

110627ロゴ.jpg

7月15日に定植したねぎたちは、根付いて、まっすぐ天上を目指して伸び始めた。
P1350617.JPG

ツルムラサキは、一段と大きくなり、本葉が5〜6枚になり、蔓を延ばす準備が整ってきた。
来週にはにょきにょき伸びている、な♪
P1350618.JPG

サトイモはぐんと大きくなり、地下に芋塊を育てる時期に入る。
左一列はヤツガシラ、右手前半分は石川早生、奥半分は土誰れだ。
P1350621.JPG

オクラも勢いを増し、続々と結果し始めた。
P1350624.JPG

昨日、誤って抜いてしまったので止むを得ず移植したモロヘイヤ。
すでになにごとも無かったかのように、生き続けている。
P1350635.JPG

たくさんの生存・生長とたくさんの結果・結実が畑にあって、そのためにはたくさんの排除や死が行われる…。
わたしたちは、幾たびも幾たびもそのように生や死や、豊穣や枯れ死やを進み、進み行き、自然の運行というものの多様な姿を知り、噛み締める。噛み締めて、そこに居続ける…。

思いついて、新しくした苗床に、晩生(おくて)用のきゅうりの種をまいた。
残り物の種なのであるだけ、11株ほどだ。
P1350640.JPG

自然のものでありながら、市場システムを経由して消毒滅菌されて、ここにやってきたきゅうりの種は、
赤く人工色を施されている。
P1350639.JPG

これが、いびつな現在というものだな、とわたしは思う。
あるいは、自然に手を加えて生きる「意識」の生き物人間には、このくらいの人工の自然が許されるのか〜どうか…。
すでに、夏至ころから比べて、大分早くなった日暮れ時、
まわりからどさりと流れてくる闇に背を押されるようにして帰った。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 06:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。