2012年06月13日

2012年6月3日 十日町・結いの里提携事業〜大豆トラストのための種まき その3桑原さん、歴戦の種播き機「権兵衛」で種播き、大豆トラストで市場経済をエンベッディド(着床)させるということ

110627ロゴ.jpg

畑を見ていると、ちょうど桑原さんが到着。耕運機やトラクターに取り付けて使うアタッチメント、種播き機の権兵衛を持ってやってきた(^^♪
桑原さんは、この後育成管理の面倒も見てくれるm(__)m
P1340526.JPG

権兵衛、である。
左右のポットに種を入れ、耕運機と一緒に進みながら、90cmほどの幅で、15cmほどのピッチで2条植えしてゆく。
動力は車輪が接地し回転することで得るので、押せばそれだけで種をまく、訳だ。
P1340525.JPG

歴戦の後が窺える、権兵衛の顔立ち^_^;
上のポットに種を入れる。
左の鉄輪が、動力源となる主輪だ。
P1340527.JPG

ああやこうやいろいろ考えた末、結局、右のさかな豆(よなよの栽培種)をまず播き、次に真ん中の長野県産さといらずを続けて播くことに決定♪
P1340531.JPG

縄張りもして、いざ種播き開始〜〜〜!、である。
P1340532.JPG

ガイドにした巻尺に沿ってまっすぐに植えてゆく。
畑は30mの幅なので、畝長は前後1.5mほどを残して27mほどになる。15cmピッチとして約180株が一条に植えられる。
P1340534.JPG

途中からは、わたしが担当した(まっすぐ進むだけだからね)^_^;
ここまでの段取り(プロデュースワークとデイレクション、と事前準備、ね)が肝心なわけである。
P1340538.JPG

小一時間ほどで、さかな豆を播き終えて休憩、一服だ(^^ゞ
P1340540.JPG

休憩しながら、権兵衛の機構を見てみた。
右端が主輪、左端が最後に鎮圧するためのローラーだ。
主輪の左奥に土起こしの鋤(すき)の歯が見える。この歯が進むことで、深さも幅も5cmほどの植え溝が掘られる。そこに種豆が1-2粒ずつ落とされてゆく。
ローラーの右に見える小さな丸い板は土掛け用の板だ。植えにかぶせる溝の左右から土を寄せて、溝を埋め戻す。
その後をローラーが抑えて行くわけだ。
P1340536.JPG

種播き機構ははなかなか優れものだ。
右上のタンクから、種豆が下の受け皿に落下してたまる。受け皿の下部には、接するほど密着して播種ベルトが回っており、受け皿の開口部からベルトの穴に入った種豆だけが運ばれる。穴に入らなかった豆はベルトの上に乗ってしまい、受け皿の開口部の縁で弾かれ、受け皿に残る。
ベルトの穴に入った種豆はベルトの回転によって頂上まで運ばれ、頂点から反転する瞬間に、植え溝の中に落下する、という仕掛けだ。
実に簡単に合理的にできているな〜、と感じ入ってしげしげと眺めて過ごした(^^ゞ
P1340535.JPG

溝堀〜土寄せ〜鎮圧系の機構と、種播き機構が合わさって、種播き作業が完成するのだ。

実は種まき機をちゃんと見るのも使うのも初めてのわたしは、シロウトらしく仔細ありげに念入りに感心しきり、だったのではある(^^ゞ

11時を過ぎる頃、2時間半ほどかけて作業終了。
無事にさかな豆(よなよ)とさといらずそれぞれ約4kgを、10aとちょっとのスペースに播いた。
ここに、Uzumakiの新しい広がりが始まる、のだな。
P1340542.JPG
この土地に大豆を植え市民の信託(トラスト)を募るのは、ここに都市の市民が直接農を支えるという、根底的な社会構制の雛形を形作るためだ。
もちろん、都市住民の食の安全・安心に寄与するためでもあり、非市場的な直接取引の場を作り出すためでもある。
有史以来の人間の歴史というものは、技術や文明というものが「経済」を、社会からアンエンベッディド(離床)させて、飛躍させてきた歴史だ。それは経済こそは人間の生存の基底であり、あるいは万能の力であり、ついには「神」であるかのように思いなしてきた歴史だ。
現在は、有史以来、初めてこの「経済」を万能の地位から引きずり下ろし自然性のうちにエンベッディド(着床)させようとする時代だ。
わたしたちは、このいわば歴史の往路へと歩み始める最初の世代としての困難を担う光栄に、預かって…しまった…のだ。

結いの里の中心施設。
元は農業高校だったこの施設から育つもの、について思いを抱きながら、臼井さんと別れ、結いの里をあとにした。
P1340545.JPG
ここから、始まる何か、育つであろう何か、はまだ形をなさないが、しかしすでに地中で胎動を始めている。
わたしたちは近い未来にそれを、さりげなく、なんということもないように行っている、ような気がして少し可笑しさに囚われた。そのように妄想を育てながら、一さんに来た道を帰った。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 05:47| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。