2012年05月26日

2012年5月23日のUzumakiファーム その2とうもろこし(ゴールドラッシュ)の播種

110627ロゴ.jpg

生姜を植えた0番の畝の北側3分の一ほどのスペースに堆肥と有機肥料を入れ、鍬で耕し、つき固めて種まきの準備をした。4mほどだから、耕運機はなし、だ^_^;
このスペースと、となりの一番の北半分くらいを使ってとうもろこしを植える。右側の1番の畝はすでに5月12日に堆肥と有機肥料を入れて準備してある。
P1340219.JPG

ゴールドラッシュの種。
もちろん国産ではなく、種には消毒液の派手な色が着いている。
P1340220.JPG
種播きのたびに思うことだが、食料自給率をいうなら、種苗の自給率も言われねばならないだろう。市販されている種は90%以上が外国産で、しかも滅菌消毒した後の毒々しい色が着いている。
わたしも、自家採取の種で、とは思うが、残念ながらそこまで至らない。
何とかチャレンジしたいものだが…。

0番畝には3条で株間30cmめどで10株ずつ、計30株を植えた。一か所に2〜3粒ずつ種の、「尻」を下にして土に押し込み、土を掛ける。その上から、足でしっかり踏んで土を固めた。
P1340221.JPG

右側の1番には2条で同じく株間30cmめどで15株ずつ、やはり30株だ。こちらも種を押し込んだ後、足で踏んで土を固めた。
P1340222.JPG

そして、籾殻クンタンを敷いて覆土する感じで撒いて作業完了だ。
籾殻クンタンはこの時期、乾燥防止を主眼に、保温のためでもあり、またアルカリ性・多孔質なので土壌改良の意味もある。
P1340236.JPG
スギナは酸性が好きだから、ね。
スギナ退治につながればいいな〜という仄かな期待もこめた籾殻クンタンなのである(^^ゞ

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 17:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。