2012年05月14日

2012年5月12日のUzumakiファーム その3 豊穣の夏への畑〜キャベツの間引き・オザキさんのトマトの仕掛け、「非有機的身体」・「有機的自然」、ぎなのこるがふのよかと

110627ロゴ.jpg

収穫物を日陰にしまい、神津さんは4月21日に定植したキャベツの間引きと雑草取りを始めた。
P1330925.JPG

わたしは、6番のトマト(桃太郎)を植える畝の土作りに掛かった。
P1330926.JPG

ついでに、というわけでもないが、2週間後のねぎ定植を見込んで、1番と2番の畝も同時に土を作ることに。どうせ耕運機を使うついでなので…、という次第だ(^^ゞ
P1330930.JPG
予定の21番に、先週もう一畝0番が加わって計22畝のうち、これで21畝分の土作りが終わる。
来週0番に生姜を植えてしまえば、これで大体は埋まる感じだな〜。
やっとだな〜、少し余地を残しておかないとな〜(^^ゞ

     ※     ※     ※

わたしが二畝半分の土作りにかかっている間に、向こうのほうでオザキさんがなにやら大仕掛けな仕事を始めた。トマトに雨を当てないための、屋根架けをしているのだ(@_@;)
P1330927.JPG

丁寧にキャベツの草取りをしていた神津さんは、花壇の手入れに掛かる。
P1330932.JPG

神津さんが、今日植えるために持ってきた花。
何度も名前を聞いたが覚えられない〜〜〜、とほほ、なんである(>_<)
P1330933.JPG

11時に近くなって、土作り完了。何がしかの感慨に打たれながら全体を見渡した。
P1330935.JPG

ふと思い立って、気になるものたちを見に行った。
トマト(桃太郎)の苗。まだ小さいのもあるけれど、もう定植してもよいほどのものもある。来週くらいに植えられるだろうかな〜、土は作ったんだけどな〜(^^ゞ
P1330920.JPG

発芽率が悪くて(たぶん寒かったので(>_<))10本くらいしかないバジル。
P1330921.JPG

石川早生も発芽が始まった。
P1330939.JPG

自然を相手の営みは大雨が降ったり、気温が低かったり、常にいつでも多くの齟齬を抱えながら、それでも豊穣の夏へ向かう。
自然は何も目指していない。テレオノミー的な目的意識などなく、したがって何の意図もなくただ自侭に、あるべくしてある。
(人間は、それを豊穣といい、災禍といいながら自らの意識が主体であるかのように振舞ってきた)

そして、この土も、この作物もわたしの「非有機的身体」であり、わたしは自然のなかに「有機的自然」として解消されてゆく。
わたしは、またしても谷川雁を思い起こす。
〜ぎなのこるがふのよかと(残ったやつが運のいいやつ)〜

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら





posted by foody at 19:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。