2012年05月06日

2012年5月6日本日のUzumakiファーム その1大雨の跡〜ヤツガシラ・土垂、ねぎ、スナップエンドウ、キャベツ、ほうれん草、ジャガイモ

110627ロゴ.jpg

連休最後の今日、7時前に到着。畑にはやっぱりオザキさんが来ていた^_^;
2日から3日にかけて、強い風雨となった。その後は気候は落ち着いているはずだが、雨風に打たれてどうなったか見ていない。
(3日から5日までは、「源治のコシヒカリ」の新潟・粟生津の後藤源治・美智子夫妻のところ…正しくは「粟生津農産組合」らしいのだが…の大規模な田植えの実際や、そのための協働的な地域コミュニティの状態などを見るために(と手伝いも、ね^_^;)、および、十日町・結いの里で今年計画しているUzumakiファーム・結いの里共同事業「大豆〈納豆〉トラスト」の打ち合わせのために、新潟へ行っていた。
(その顛末・内容はまたそのうち機会を見て…なんて思っているうちに、どんどん時間ばかりが過ぎてゆくのが常なんである…(^^ゞ)

     ※     ※     ※

畑は、案に相違して、しっとりと水を含んでいる。
4月30日に、やっとのことでたてた畝は、土が流れて、形が無くなり、うっすら跡が見えるだけだ。とほほ、である(>_<)
P1330768.JPG

取り急ぎ、全体を見て回る。
サトイモ・ヤツガシラの種芋がいくつか露出している(ToT)/
大量の土が流れたのだとわかる。これでは、肥料などもきっと流れ出している。追肥のやりなおもしもしなければならないかな〜(ーー;)
P1330777.JPG
露出してしまったヤツガシラには周囲から土を集めて、被せておいた。

ところが、生育の早い土垂はすでにみんな発芽している(@_@;)
(スギナの育ちのほうが早いかも…(^^ゞ)
P1330787.JPG

ねぎの苗は、何本か寝ているものもあるが、概ね良好に育っている。すでに30cmを越えたものが多い、が生育格差も大きくなってきた。
自然はまったく平等ではない。(が人間の意識は平等というものを知っている、のだ、な)
P1330769.JPG

スナップエンドウも、わずかに傷んだ枝があるが、全体は概ね順調、と見える。
P1330770.JPG

莢も、育ち始めた(^^♪
来週には、収穫、かな(^^♪
P1330781.JPG

キャベツもぐんと大きくなり始めたが、雑草も育ち始め、間引きもしなければならない。今日の仕事だな〜(^_^;)
P1330771.JPG

ほうれん草は、激しい雨の跳ね返りで、特に小さいものたちが葉裏にも葉表にも泥が付いてしまい、葉が枯れているものが目立つ(ーー;)
P1330791.JPG

ジャガイモは被害も無く、大きくってきた。そろそろ芽掻きをして1回目の土寄せをしてやらねばならないな〜(^_^;)
P1330775.JPG


     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら







posted by foody at 17:55| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。