2012年03月27日

3月25日のUzumakiファーム その3ほうれん草・にんじん・小松菜・蕪の播種、農家御用達の増えるねぎ

110627ロゴ.jpg

あったかいスープとパンでおなかを満たした後は、食べ物を作るための種まき、種まき(^^ゞ

ほうれん草の種を、一昼夜水につけて置いたもの。
P1320987.JPG

先ほどつけておいた18番の畝の半分の4条の播き筋に10cmおきに2粒〜3粒を押し込む。間引きの労を惜しんでのことだ。ほうれん草のおろぬきは、小さすぎて食べるのが大変だし〜(^^ゞという訳である。
P1330012.JPG

ここでも、ばりばり種まきに励む朋子さんを、ユウさんがぴったりマークしてフォロー(^_^;)
仲睦まじいお二人だ。

間引きの労を惜しんだつもりのわたしだが、結局種が多すぎて、余ってしまい5cmピッチに変更した。
やれやれ、考えてはみても、種の量まではきちんと計算できていなかったのだ。下手な考え休むに似たり??いやいや木を見て森を見ない??、頭かくして尻隠さず??みたいな話かな〜(^^ゞ

ほうれん草の次は、隣の17番の畝の半分ににんじんの種をまく。にんじんの種は驚くほど小さく薄く、ちょっと風が吹いても飛んでしまうほど軽い。
これも、10cmピッチで数粒ずつ押し込んでゆく。
P1330013.JPG

にんじんのほうれん草も、発芽しにくい。特ににんじんは乾きやすく、流されやすく発芽しにくい。
(新潟の姉は、去年、たしかうまく発芽しなくててこずっていた)
わたしも2度ほど試みてうまくいかず、ついに新聞紙を掛けることにしている。
あらかじめ水遣りをしたあと、種を土に押し込み、土を少しかけてしっかり抑え、その上に3枚重ね以上の新聞をかけて、少し土を載せて仮押さえにする。
P1330014.JPG

さらに新聞紙の上に寒冷紗をべたがけして、固定する。
にんじんにはさらに、防鳥・防虫・防風・防雨用にサンサンネット(4mmピッチのやつ、ね)をトンネル掛けした。(ちょっと過保護?)

ほうれん草も乾燥防止の趣旨で寒冷紗をかけた。

この時点で10時半を過ぎて、そろそろ仕舞いにしなければならないのだが、もう少し何か播いておきたいな〜、と貪欲な農民魂(苦笑)が疼いた。
朋子さんが、一週間でも早く播いておけばね〜(後は作物が勝手に発芽して生長して、食べ物になってくれるハズ^_^;)、とわたしをそそのかし、もともと播く気満々のわたしは、よ〜し、大急ぎで小松菜と蕪を播いておきまっしょ!!と前のめりに動き出した。

取り出した種はこちら。
早採りの小松菜と、小蕪。どちらも一ヶ月ほどで収穫でき、おろぬきも美味しく、食材として扱いやすく重宝なものだ。
P1330020.JPG

17番畝のにんじんの、南側の残り半分に4条の播き筋をつけて、右側二条に小松菜、左側二条に蕪を播いた(と思うんだけど、どうだったかな〜^_^;)。
P1330018.JPG
もう要領をのみ飲んだみんなでチャッチャとやって、20分もかからず完了だ♪

この畝にも、ネットをトンネル掛けしておいたほうがよいかな〜(キャベツと大根も、だけれど)。
時間も押してるし、来週でいいか〜と、いうことにした(^^ゞ

たぶん、蕪の種播き状態。
まき筋の中に、さらに指で押し込んで流れないようにしている。土が、粘土質のローム層そのものなので、耕すと砂みたいなサイズで団子状に固まってしまい、さらさらと動くのだ。小さいものの種まきにはまことに都合が悪い。下層では、水分を含みしっかりと粘土状に固まってしまう(ーー;)
P1330019.JPG

思ったより遅くなってしまい、大急ぎで始末にかかっていると、オザキさん(下の写真の右側、ね)が、お〜いねぎいるか〜い、増えるねぎだよ〜と声をかけてくれた。

ファーム区画の前耕作者でもあり、北側の区画を耕すコバヤシさんが作った「増えるねぎ」のことだ。
俺ももらうんだけど、このねぎは1本が10本くらいに増えるねぎなんだよ〜毎年植えなおせばずーっと食べられるよ〜。この辺の農家は大体作っているよ〜便利だからね〜、売り物にはしないで自分で食べるんだよ〜、ちょっと小さいからね〜、煮るとうまいんだよ〜と縷々説明してくれる。

コバヤシさんが作っていた「増えるねぎ」を半畝分くらいそのまま残しておいてくれる、というのだ。今日来ているのはコバヤシさんではなくて、コバヤシさんと一緒にやっているサクラヤマさん(左)だ。サクラヤマさんとコバヤシさんは仕事(建設業)のパートナーでもあり、二人で会社も仕事もやっているのだ。
P1330023.JPG

もちろん、ありがたくいただいて、このねぎを継承し、一畝に展開することにした。
(これでねぎが3畝になるかな〜(^^ゞ)

サクラヤマさん、コバヤシさん、オザキさん、ありがとうございますm(__)m
この畑は、仲間同士仲がよくて、親切で、紳士で、心温まる畑だ。
紹介してくれた神津さんにも、持ち主の沼上さんにも感謝m(__)m

時間のなくなったわたしは、作業後の畑の全景と小机城址の森を見やりながら、大急ぎで帰った。
P1330027.JPG

佐々木さん、朋子さん、ユウさん、お疲れ様でした。
また来週、楽しくハタケで遊びましょ(^_^)v

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


posted by foody at 06:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260369593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

役立つブログまとめ(社会貢献): 神奈川県の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 神奈川県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2012-03-31 11:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。