2011年12月18日

12月16日のUzumakiファーム 霜枯れ、撤収準備

110627ロゴ.jpg

12月も折り返しを過ぎて、寒さも募る、のだが、この日は13度まで上がって、澄み切った青空のポカポカ陽気だ。
P1310493.JPG

10日の初霜で、水分の多いツルムラサキの葉や若い茎は一遍に凍りつき、凍りついたものたちは悉く枯れはてた。
P1310494.JPG

もう一つアップで。
P1310501.JPG

この姿は無残だが、醜くはない、とわたしには感ぜられた。初霜で一気に枯れる、のはいっそ潔いかもしれない。

内部に死を持つこと、内部に死を育てながら生きることだけが、死や老いを美醜から超越させるであろうか…(いやいや、美などというものについて意味ありげに饒舌になるのはやめておくべきかもしれない)。

ここまで、踏ん張って実を育てていたピーマンも一気に、凍りつき、枯れている。P1310498.JPG

が、たくさんの実をつけたままだ。このままでは実もすべて枯れて傷んでしまう。
P1310496.JPG

わたしは何がしか、無残な死のなかで生き残っってしまったいたいけな生(せい)を生(せい)のままに、掌に囲い採るというような詩的なしかしステレオタイプな興感に駈られつつ、しかしあっさりと功利的にピーマンの実を収獲した。
P1310507.JPG
行いとは時にそのように無思慮なものだ、と思う。

適切な定植場所がなく、育苗用にしていたスペースにそのままおいておいたバジルとピーマンも枯れ落ちた。
P1310517.JPG

今が盛りの、第2期の蕪の横に穴を掘って、枯れたものたちを埋めた。
P1310516.JPG

今月末には、この畑から撤収することになっている。
ぼちぼち準備を始めなければならない。
ネットをはずし、軽く洗って干してたたんでしまう。
P1310515.JPG

きゅうりやかぼちゃに使った2400mmの支柱も軽く洗って、結んだ。
P1310503.JPG

できるだけ手早く、ときに、功利的に、、無思慮に、からだに物思わせぬように、と
急いで体を動かして仕事をした。



    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 19:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

役立つブログまとめ(社会貢献): 神奈川県の農業/農園/農場/農家 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 神奈川県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2011-12-20 16:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。