2011年11月24日

11月20日のUzumakiファーム 嵐の跡、根切り虫、蟷螂(かまきり)

110627ロゴ.jpg

前日の19日土曜日は、気温は上がったが、激しい雨と吹き荒れる風とで作業中止。
畑の作物たちの様子を見に10時過ぎに畑へ着いた。
気温はすでに20℃近くて、まだまだ上がる。この日は最高気温24℃だった。
昨日の雨が蒸発して、低層に層雲を作っているが、強い陽射しに足早に消えてゆく。
P1300941.JPG

まずは状況確認だ。
元気なパセリの上に、どこから飛んできたものか、使用済みのロケット花火が????
P1300942.JPG

10月11日に播いた蕪のネットが風にあおられて捲れている(@_@;)
P1300945.JPG

ヤツガシラが風に吹かれて倒れかかっている。
もうそろそろ枯れるころでもあり、茎が弱っているのだろうか。
P1300948.JPG

ツルムラサキの蔓を支えていた、麻紐が切れて、一株が横倒しになっている。
P1300951.JPG

地面に横たわるツルムラサキの一株。
P1300950.JPG
引き起こして、結びなおしてやった。

10月29日に播種したからし菜、小松菜、ラデイッシュの畝には柿の枯葉がが吹きかかり、吹き募り、苗が傷んでいる。
P1300955.JPG

ラデッシュは横倒しになっているものも多い。
P1300956.JPG
それにしても、この畝の作物は成長が遅い。
きっと土が酸性なのだ。

リーフレタスがひとつ、根元からぽっきり折れたようにたおれている(@_@;)
この倒れ方は、しかし、風のせいではない、きっと根切り虫に違いない。
周りの土を掘ってみると、5cmくらい離れた地中に、3cmくらいのヤツがいたいた。
ヤッパリ〜〜〜!だ。
P1300954.JPG

根切り虫を謹んで駆除していると、蟷螂(かまきり)が呆然と立ち尽くしているのを見つけた。弱ってしまってそろそろとしか動けないのだ。蟷螂にも死期が迫っているのだ。
前回はバッタがやはりよろよろしていた。
晩秋は多くの虫たちの死の季節だ。
P1300958.JPG


    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。