2011年11月13日

11月8日のUzumakiファーム

110627ロゴ.jpg

11月8日、この日もEMを使った、環境改善指導者講座のあと、様子を見に畑へ行った。
低層に、羊雲から発達して層雲になる途中、かと思われる雲がたくさん出来て、天候は悪化の過程に入った。
P1300671.JPG

畑は、晴天が続いているにもかかわらず、蘚苔類が残っている。
向こうの、鈴木さんの柿林は葉がだいぶ少なくなった。
P1300673.JPG

ん〜〜、藁が、散らばっているぞ〜〜(@_@;)
何があったかな〜????

白菜のプランターの乾燥防止用に敷いていた藁がちょっとだけ飛び散っている。
P1300674.JPG
案ずるに、どうも2週ほど前に土の中に入れたEMボカシが、表面にも少し出ていて、それをカラスか何かが狙った野ではないか、と思われる(ーー;)
他にも施肥したのだがなぜかここだけがほじくられている。

まあ、たいした実害もないし、途中で諦めたみたいだし〜、ということで
特段対策はせず、とりあえず藁だけ元に戻しておいた。

10月29日の最後の播種、のからし菜、小松菜、ラディッシュ。
まあ、しっかりはしてきたかな〜。
さすが気温が低下した分、生長は遅くなっている。
P1300675.JPG

10月11日に播種した蕪。
大分大きくなり、本格的な間引きが必要だが、疎抜き蕪は格別に美味しいから、みんなが来る日(12日土曜ね)に大々的にやることにしよう(^^ゞ
P1300677.JPG

同じ日に播種したプランター蕪。こちらは、路地植えと比べると、やっぱり小さいな〜(ーー;)
P1300678.JPG

同じく11日播種の、こちらは小松菜だ。
順調に育って、もう十分収穫可能なサイズだ>^_^<
P1300680.JPG

12日には育ちすぎになるものもあるな~。
ちょっとだけ、ためしどり、ということで抜いた。
10月中旬からは穏やかで暖かい気候になって、葉菜類は順調に育っている。
それにしても、わたしが播いた10月11日くらいが、路地では順調に育つ最後の種播きのタイミングだった、だろう、かな(^^ゞ

折れた葉かの茎から、音を立てるか、というほどの勢いで水分が出てきた。
この若葉は、それほどの力で、水を吸い、光合成し、蒸散させているのだな(^^♪
P1300682.JPG

コトのついでに、蕪もちょこっとだけ(ホントにちょこっとだけだってば(^^ゞ)疎抜きした。
P1300683.JPG

柔らかな、いたいけな蕪の疎抜き。
自分で作っていればこその楽しみだな〜(^^♪

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら





posted by foody at 12:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。