2011年10月09日

10月8日のUzumakiファームその1 きゅうりの支柱の始末、朝顔、人参のためし掘り

110627ロゴ.jpg

神津さんとともに、6時10分ごろには到着。
日の出は遅くなり、5時40分ごろ。
まだ日は射さず、夜明けのしっとりと濡れた空気が残る。

畑の向かい側の金木犀の「森」。
P1290689.JPG

畑もまだ眠っているようでひっそりとしている。

日陰の畑で神津さんが、朝顔のために残していたきゅうりの畝の支柱の解体を始めた。
P1290690.JPG

この一株だけの朝顔は、大きく育ち青い花を咲かせていた。
9月16日ごろには、子蔓も伸びて40輪もの花を咲かせた。
そのときの記事はこちら
けして大輪ではないが、深い青色一色の清楚な、花をこれでもか、とたくさんたくさん咲かせた。

11月にはいると気温は10度台になり15度を下回る日が増えると、植物は生育をやめる。
小松菜のような早どりの野菜も、発芽はしても育たなくなる。

今のうちに植えるものは植えないといけない。

朝顔はまだ種を育成中だが、取れるものだけを取って、(それでも前回のものとあわせて30殻、90粒くらいは確保した(^^♪)
P1290692.JPG

朝顔を整理して、張ってあったきゅうりネットをはずしてたたみ、マルチシートをはぐったところ。
P1290694.JPG

石灰をいれて耕し、堆肥を20リットルほどいれ、元肥をいれて再度耕した。
形を整え、ネットを掛ける準備をした。
P1290697.JPG

探したが短いネットしかなくて、継ぎ接ぎ張りにした(^^ゞ
P1290698.JPG
とりあえず今日は、ここまで。
次回、種を播くか、苗を植えるときに、考えよう。
ビニールハウスにしてもよいかな(^^ゞ

播種では、1度やり直したが、その後は順調に育ってきた人参。
7月15日に播いたので、10月20ごろから11月に収穫予定。
まだ外葉も枯れていない。
だが、我慢のできない私は、ためし掘り兼間引き、と称してよさそうなのから少しずつ収穫していくことにした(^^ゞ
P1290703.JPG

成長しすぎ、かと思われるほど伸びた葉っぱを掻き分け掻き分け、一応間引きにもなるように配慮しながら、これはと思うものを引き抜く。
ちょっとだけね、ほんのちょっとだけ、といいながら、結局ずるずると10本以上抜くことになってしまった。
P1290701.JPG
大きいもので直径3cmほど。やっぱりまだ早いな〜、もう2週間くらいは待たなきゃだめかな〜。

順調な人参だが、神津さんが、おや〜〜葉っぱが白くなってるのがある〜〜〜、と声を上げた。
P1290699.JPG
見てみると確かに白い。
粉を吹いたように白い。擦れば取れる。
もしやうどん粉病??
うどん粉病なら、葉が枯れて行き、成長が止まる。

簡単な有機防除剤をまいて、しばらく様子を見よう(^^ゞ

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 10:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。