2011年10月03日

漢城軒@品川 肉をもって糖尿病を制す〜料理の美味しい、とても美味しい焼肉店

漢城軒は、焼肉用ロースターの八千代機械の経営である。
そもそもは、八千代機械のショールームとしてスタートした。
その名残で「八千代機械ショールーム」という看板が、今も入り口に、大きく掲げられている。

その八千代機械の長坂社長は、無煙ロースター開発の初期からこの業界にかかわってきた古強者である。
そして当然ハード周りのロースターや設備工事のコストや技術に精通するが、それだけでなく、焼肉店のソフトにも精通しているし、もっとソフトなアートや世界にも親和している、ように思える。

それはたとえば、こんな形のロースターを作り出すあたりに、濃密に感じられるのだ。
P1290209.JPG





posted by foody at 12:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい店(川崎/横浜/そのほか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。