2011年08月30日

8月30日本日のuzumakiファーム 斉藤さん・マクロビオティクス、白菜の発芽

110627ロゴ.jpg

26日の大雨のあと、少し朝晩涼しくなって、近年になく順調に秋に向かっているかもしれない。
本日は相模原から参加の斉藤めぐみさんをピックアップして、いつもより少し遅く、6:30到着。
すでに日は高く上り、夏の日差しになろうとしている。
P1280498.JPG

斉藤さんは、体のコンデイションを整えるコアコンデイショニングのインストラクターで、マクロビオテックにも多大な関心を寄せている。
■斉藤さんのブログはこちら

■マクロビオテック
明治期に医師でもあった石塚左玄の陰陽論を基盤に、その弟子に当たる桜沢如一が1928年提唱した生活思想であり、玄米菜食を主体とする食生活法である。
1970年代に癌など成人病や肥満が多発するアメリカで、欧米型の肉や乳製品を大量摂取する食生活が癌を多発させると公式に発表され(マクガバンレポート)、健康志向の高まりとともにアメリカで広まった。アメリカ人の食生活改善への貢献は評価される。
基本思想の陰陽論そのものに、どれほどの妥当性や根拠があるかは別にして、結果として菜食主義に近い食生活法は、「自然性」の内にある生物としての人間のあり方に通じるところがある、ということだろう。

     ※     ※     ※

畑には日が当たって影が濃い。
P1280499.JPG

作物たちは大雨で少し弱った。
ネットをあけて日に当ててやる。

支柱の折れたキャベツの畝では、雑草が繁茂して大変なことになっている(^_^;)
しかも栄養不足か連作障害か、育ちが悪い(ーー;)
気持ちいい〜〜〜、と斉藤さんは、ひさ〜〜〜しぶりに触れる土の感触を楽しんだよう。
P1280500.JPG

雑草を抜き、追肥をやった。
P1280506.JPG
伸びろよ、キャベツ〜〜。
(どうもこの土地は存外多くの肥料を必要とするようだ)

にんじんは、大きく伸びているが、倒れたままの葉も目立ち、雑草が伸びている。
P1280501.JPG

26日に播種した保崎先生の自家取り白菜は、発芽していない(ーー;)
P1280502.JPG

もう播種後5日経っている。この気温では、もう発芽していなければならないだろう。やっぱり、大雨で流されてしまったんだろうか。マルチの中なので乾いてはいないが、高温になりすぎて蒸れてしまっただろうか、と心配は尽きない(^_^;)

しかし、よ〜〜〜っく見るとひとつだけ、発芽している。
ひとつだけだけど(^^ゞ
P1280503.JPG

けなげに発芽している白菜を見ていたら、もうちょっとだけ待ってみようという気になった。
もう1日2日様子を見てみよう(台風が来そうなんだけど…)


     ※     ※     ※

■Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




posted by foody at 19:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。