2011年08月12日

2011年8月12日本日のuzumakiファーム 猛暑のみずやり〜儚い命、というもの〜エンレイ・にんじん・サンチュなど

110627ロゴ.jpg

昨日の35℃の猛暑でいやな感じがしていた。
発芽間もない小さな苗たちは、天候不順をいいことに日除けをはずしたままだ(>_<)
どうなっているやら、と思いながら水遣りに畑へ。

畑についてすぐに目に付いたプランターのエンレイ。
すっかり葉が萎れている(>_<)
早速、事件発生だ。
P1280075.JPG
一昨日、は土の表面が乾いていたので水遣りをした。
にもかかわらず、一日置いた今日、もう萎れてしまっている。
これでは毎日来なければならないか、または家へ持ち帰って毎日水遣りをしなければならない…。

取り合えず水をやって、にんじんを見る。

あちゃー、やっぱり枯れているものがある(>_<)
P1280077.JPG

こちらは一番下の列が5株ほどまとめて枯れている(T_T)
P1280078.JPG

なんとはかないことか。
あれほど手間隙をかけて、結構がんばって発芽させたのに、枯れるときはそそくさとにべもない(ーー;)
すっかり、気落ちしてしまってしばらくボーっとしていた。

隣の紫高菜も3つほど枯死している。
サンチュも8株中3株は完全に乾涸びている。
P1280079.JPG

のろのろと、一度はずした日除け用の不織布を引っ張り出してまたかけた。
P1280080.JPG

乾いたものたちにたっぷりと水をやった。
エンレイは、水をやってしばらくしても張りが戻ってこない(ーー;)
もう、細胞が干上がって死んでしまったかもしれない。

とりあえず、きゅうりの日陰に避難させた。
またたっぷりと水をやった。
P1280097.JPG

ほかのプランターの土はまだ十分湿っているんだけどな〜。
プランターに植えられたのに、あんなに急に大きな葉をつけるから、たくさん水を吸ってすぐに水が足りなくなってしまうんだな。
考えてみれば当然なんだがな〜。

ひでえもんだな〜、と小林秀雄が人生についてつぶやいていた文句を思い出した。

それでも、乾くなよ〜残ったモノたち〜〜〜。

     ※     ※     ※

■Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら





posted by foody at 12:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。