2011年07月26日

7月26日本日のUzumakiファーム 夏の隙間の種まき

110627ロゴ.jpg

5時50分到着。
予想に反して曇りがちの天候が続く。
畑の2度目の夏作の仕込には好都合だ。
P1270574.JPG

まずはにんじん(^^ゞ
一昨日とあまり変わらず、とも見えるが、そんなはずはないので、確実にたくましくなっている、はず(^^ゞ
一安心、だが、もう少し本葉が出るまでこのままにしておこう。
P1270582.JPG

キャベツは虫害も収まりどんどん伸び始めた。がどうも得心のいく伸び方ではない。春のキャベツは、もっと伸びやかだった、ような気がする(~_~;)
P1270587.JPG
どうもここの土は、思いのほか肥沃ではないかも、と思ってしまう。
全体に少し堆肥を追肥した。

今日は、曇りがちの天候を良いことに、隙間に夏の葉野菜を植える。
キャベツが1本枯れた跡に、サンチュを少し(6株ほどと思ったが、欲張って8株だった(^^ゞ)。
P1270588.JPG

にんじんでやったように、少し浮かせて新聞紙をかけた。
四隅に土を載せて押さえる。
いまなら3日ほどで発芽するかな〜(^^ゞ
P1270590.JPG

ツルムラサキの隙間にもえごまとリーフレタスを植えて、同じように新聞紙をかけた。
P1270594.JPG
夏の「隙間」を狙っての、キャベツとツルムラサキの隙間の種まき、完了である。

とうもろこしはやはり肥料不足なのか、受粉も実入りも良くないものが多い。最初のうちは良かったけどね(^^ゞ
P1270595.JPG

リーフレタスはついに花が咲いた。
P1270597.JPG

リーフレタスの花は、初めてだ。
よく繁ってくれた。
今も盛んに葉をつけるが、もう最初のころの柔らかなおいしい葉ではない。
だからといって倒してしまうのも、身勝手なようにも思われ、美味しく無くなったな〜と確認するために食べてみている、のだ(^^ゞ

9月の料理教室用の枝豆(エンレイ)はさかんに葉を出し始めた。
もう一つ力が足りないような気がして、少し肥料を入れておいた。
P1270576.JPG

今月の料理教室用のジャガイモは、ほぼ完全に枯れ落ちてしまっている。
このあたりは夜半に雨が降ったのか湿っているが…。
P1270577.JPG

大量のなすや、また出来始めた胡瓜、モロヘイヤなどを収獲して帰路に着いた。
P1270601.JPG

陽は一段と高く上がるが、雲の向こうで朧に輝いている。
P1270602.JPG

夏の隙間の種まき、してやったり!、かな。

     ※     ※     ※

■Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら





posted by foody at 15:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。