2011年07月13日

7月13日本日のUzumakiファーム にんじんの事件の予感・とうもろこしの事件勃発と初収獲

110627ロゴ.jpg

梅雨明け前から続く猛暑だが、梅雨が明けてからは強い日差しが加わり、夏も本番だ。
暑さを避けて、6時10分ごろ到着。
今日も日差しが暑い。
P1270243.JPG

料理教室用のプランターじゃがいもの茎葉はすっかり枯れ落ちてしまった(^^ゞ
P1270244.JPG

じゃがいもも気にはなるが、取り急ぎ人参の畝へ。
P1270246.JPG
不織布シートも、シートの中の新聞紙も一応、設置した状態のままきちんととまっている。

不織布をめくり、新聞紙をめくってみる。
P1270247.JPG
表面はしっとり潤っている(ほっ(^^ゞ)。
しかし、にんじんの芽はまったく見えない(ーー;)
こりゃあまずいいいい、事態になりつつあるかもしれない(*_*;

しかし2〜3日遅れているだけかもしれない。まだ可能性がないわけではない〜〜、とおろおろしながら水をやって、新聞紙と不織布を元に戻した。
乾いてしまったか、1年前の種を使ったのがいけなかったか、はたまた遅れているだけか…。
事件の予感がばりばり鳴り響いているぞ〜(ToT)

実は、事件は予兆だけではなかった。
とうもろこしに事件発生!!!!!である。

恒例の順番で坊ちゃんかぼちゃの受粉をしようと南の端まで行くと、どうもとうもろこしの様子がおかしい。なにか足りない。
あれ、果実がない!!
受粉して、最もよく太っていた西の端の2本の株の一番果がないではないか。
ここに、受粉して絹糸を茶色にちぢれさせていた、もうすぐ収獲の一番果がない、のである(ToT)
P1270253.JPG

隣の株の一番果も折られている。
畝の端っこで取りやすいところではあるが、しかし畑の入り口からは一番遠いところだ。
何が起きたのか、いったい何が起きたのだろうか…。

(このあたりには、ハクビシンが出没して糖度の高い果実や果菜が狙われる、という話を聞いたことはあるのだが…(*_*;)

おろおろしながら、とうもろこしを見て回って、ほかにはなくなっているものがないことを確認。ま歩く膨らんでよさそうなのが2本ほどあることも確認。誰かに(?)折られたり取られたりするくらいなら多少早めでも収獲してしまおうと思いついた♪

良さそうなのを1本、先端の皮をめくってみる。
P1270255.JPG
まあ、ぎりぎりOKかな〜(^^ゞ

で、全部見てしまおうと、全部剥いてしまった(^^ゞ
P1270256.JPG

ん〜〜〜、いいことにしようかな、いいことにしてしまえ〜、で2本収獲した(^^ゞ
とうもろこし、事件勃発と同時に初収獲である。

     ※     ※     ※

■Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら





posted by foody at 15:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2011@宮前~無農薬有機農法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。