2011年04月09日

4月8日のUzumakiファーム その5 チャップリンおばさんの昼ごはん、ほうじ茶、大輪の白椿の壁

Uzumakiファームロゴ.jpg

作業を終えて、強風を避けて、椿の木の陰でチャップリンおばさんが荷物を広げた。は〜い、手を洗って〜〜、おにぎりだよ〜〜〜、でごはんタイムだ♪
P1240725.JPG
取り急ぎ駆けつけたら一番手は安藤さんとわたしであった(^^ゞ

その頃になって、〜打ち合わせが長引いて〜と、森井さんが到着。
何もしないではいられない、ということで、急遽、菜の花を採ったあとの第1区画の7番畝に石灰を入れてを大急ぎで耕すことに(^^ゞ
(神津さんは、奥のほうでまだ水遣りをしていたm(__)m)
P1240726.JPG

終わって駆けつけると、おにぎりは2個残っている。
ウフフ、今回も2個か〜、しかもサイズが大きい♪
すかさず、松島さんが先に帰ったからね〜、でも2つ食べてもいいよ〜の声(^^ゞ
見透かされていましたm(__)m
P1240729.JPG

椿をバックに。
P1240733.JPG
今回は、いつもの固さに戻ったケチャップごはんに、錦糸じゃなくてスクランブルエッグ状態(^^ゞの卵、昆布の佃煮、ヤーコンを煮たか何かしたものの細切り、高菜か何かの漬物かな、などなどいろんなものが入っている(@_@;)
外側には白ゴマを刻んだものをまぶしてあって、今回も新バージョンのおにぎりだ(^^♪

久々の串刺しおかずは、干し芋をさらに炒めたものと完熟の中玉トマト。
P1240730.JPG

飲み物は、温かく香ばしいほうじ茶。
P1240731.JPG
煎茶も、はちみつドリンクも、しょうがの飲み物もどれも良い。が、今日のこの気候では、ほうじ茶の包み込むような拡がりのあるゆったりした燻したものの独特な香りが一番だ。
疲れた体に、温かいものが流れ、神経も体も休まったような気がした。
飲み物には、適したとき・ところ・状況(昔はTPOなんていってたな〜)があるものだ、としみじみ味わった。
ほうじ茶は、ただ熱く、濃く出せばよいというものではない。香りを引き立てるために高温のお湯(沸騰しているヤツね)を手早く注ぎ、香りが出たところで茶葉を引き出す。または急須から湯飲みに注ぐ。もちろん温度を下げないために茶器や茶碗は予熱する。時間が長いと余計なものが入ってくるので注意、である。

良く香りを引き出したほうじ茶、ごちそうさまでした。

榊原さんと神津さんは食べながら、椿を品定め?
P1240728.JPG

建築的な緑化壁のように、きれいに上から下までつぼみがついている、大輪の白椿の巨大な壁。
P1240748.JPG
来週にはさぞや、美しく咲きそろっているだろう。

     ※     ※     ※

■都筑Uzumakiファーム
 横浜市都筑区荏田南町4151他
 横浜市営地下鉄センター北より1.5km
■Uzumaki HPはこちら
■Uzumakiファームはこちら




posted by foody at 11:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | uzumakiファーム2010@都築の丘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。