2011年04月08日

4月8日本日のUzumakiファーム その4 ネット掛け、枝豆とヤツガシラの芽出し・育苗スペース、水やりの使命共同体

Uzumakiファームロゴ.jpg

わたしの失策で、枯れ果てた、かに見えていたナスとピーマンを、第2協働区画の、空いている6番の畝の端っこに榊原さんが植えなおしてくれた。
根が生きていれば、復活するかも、と願ってのことである。
P1240698.JPG

同じく第2協働区画の10番では安藤さん、松島さん、神津さんで小松菜にサンサンネットを掛ける。
長すぎるネットに強風が吹き募り、苦戦中だ。
P1240700.JPG

6番畝では、チャップリンおばさんも加わって、持参の赤い大豆を枝豆用に植えるので、まずは芽出しように密集して植える。
この上にビニールシートをかけて高温にして、芽出しを促進するとともに鳥に新芽が食われるのを防ぐためだ。
P1240701.JPG
P1240702.JPG
P1240703.JPG
今後このスペースは、育苗スペースとして使う予定だ(^^ゞ

10番のネット掛けは無事終了。
P1240704.JPG
コーナンで買った支柱が細くて強度が足りず心もとない。
これしかなかったので、仕方なく買ったのだが…(安かった、のではあるけれど)(-_-;)。
もう2本追加して上から押さえた。
これで何とかこの風でも飛ばないだろうか。

植えなおしたナスとピーマンには、短い端切れのネットを掛けた。

枝豆の横にはヤツガシラを20個ほど芽出し用に埋めて、全体にビニールシートをかけた。
簡易温室である。
P1240713.JPG
上に4ヶ所、空気穴をあけて完成♪

さらにとなりには、ジャガイモを4株にして植え付けた(ハズ)。
これは7月に開催される「元気な子に育てよう!食育・親子料理教室」用にプランターで栽培する予定だ(^^ゞ
P1240712.JPG

作業終了後の、第1協働区画(右)、第2協働区画(左)。
P1240741.JPG

30番区画から34番方面を望む。一番奥の色が濃くなっているところに、本日三宅島の赤芽の里芋を植えた。
P1240743.JPG

P1240719.JPG
神津さんと安藤さんは、乾いて荒涼とした感さえ漂うことに心を痛め、何度も何度も水を汲んで、もうやめませんかと呼んでも水をやり続けた。
使命感、と思ってみた。
誰に強制されたのでも指示されたのでもなく自ら感じ行うこと。
その先に、非市場社会の公なる私、がある、ようにおもわれた。
それを使命共同体と呼んでも良いだろう。

神様の落としてしまった荷物が、ここにあるかも知れない、と思えた。
感謝、であるm(__)m

     ※     ※     ※

■都筑Uzumakiファーム
 横浜市都筑区荏田南町4151他
 横浜市営地下鉄センター北より1.5km
■Uzumaki HPはこちら
■Uzumakiファームはこちら




posted by foody at 19:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | uzumakiファーム2010@都築の丘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。