2011年03月25日

3月25日本日のUzumakiファーム 寒い春・暖くん再登場♪・それでも種を播く

Uzumakiファームロゴ.jpg

寒い春

2日ぶりの晴れ間がのぞいた今日、
大陸東岸の太平洋海洋性気候の恵みを受けて、麗らかな日となった。
麗らか、に見える景色。
P1240252.JPG

紫木蓮が咲き初める。
P1240254.JPG

麗らかだが気温は低い。最高気温は11〜12℃程度の見込みだ。蓄熱量は増えてはいるが、その増え方は鈍い。もう2〜3℃違えば、相当違うのだが、な〜〜〜(-_-;)
この、低温で、関東の畑の春作は大きく遅れ始めている。
3週以上前に植えたジャガイモも、1週間前に撒いた大根も、小松菜でさえ発芽していない。
種播きを控えている農家も多いが、予定通りに播種した(してしまった?)農家も多い。
もう一週、低温が続けば影響はいよいよ「異常」の域に達するのではないか、と恐れられる。

しかし大根は、もちろん、その他ももちろん、この春(というのは2月末からだが)播いたものは、何も芽が出ない(-_-;)
P1240272.JPG

一方、冬のうちに植えたものはそれでも、成長を再開している。厳冬を堪えて、かぶが丸くなり始めた。
P1240264.JPG

榊原さんと山本さんはブロッコリー談義に花が咲く。
P1240258.JPG

野間さんは自宅から。みんなに、と三つ葉を持ってきて植え始めた。
P1240260.JPG

暖くん再登場

そこへ、松島さんが3人で到着♪、である。
P1240261.JPG
男の子は暖くん。
去年も一度、おじいちゃんである松島さんに連れられて畑へ来た。
そのときの記事はこちら

今日はお母さんも一緒だ。松島さんの二人の娘さんのうち、栃木・宇都宮在住の娘さんが放射性物質の危険を避けて、避難して来ているのだという。地震も、原発も、このあたりでは身近だ。
放射性物質の飛散については、宇都宮と川崎では福島第1原発からの距離が倍ほども違うから、だいぶ違うかも知れない。

野間さんの指導ので収穫した、にんじんを手に、ポーズをとる暖くん。のはずだったが、にんじんをじーっと見つめて、目をそらさない。何を思っているだろう。カレーか何かになって、食べる幸せの感じか、それとも自然というものの不可解さ不気味さか。普通なら自分の「満足」に引き寄せて思考するから、前者であるだろう。感受性が強ければ、すでにして生命というものの〈原生的異和〉について宇宙的に哲学しているかもしれない(^_^)v
P1240278.JPG

おじちゃんの指導の下、わけぎの収穫に挑む暖くんと、見守る母親・美恵さん(だったと思うが(^^ゞ)の図。美恵さんは二人目のお子さんを懐妊中。それもあって避難しているのだ。
P1240269.JPG

ブロッコリーも収穫♪
P1240270.JPG
暖くんは普段から畑には親しんでおり、畑は大好きだという。そのおかげか、自然に対して物怖じせず、なんにでも興味をもって行動する積極的な子だ。大きなミミズが発見されたが、嬉々として観察していた♪

     ※     ※     ※

寒くても種を播く農民魂

寒くても、これからは気温が上がるはず、と信じる気持ちを駆り立てて、今日も種を播く。
種を播かなければ、何もはじまらないのだ。

第2区画の1番の畝。大勢が長期に食べられるリーフレタスを播く。面積が広がったので、今回はちょっと大きく育てようと、条間25cm、株間25cmくらいで一か所に3〜4〜5粒のハコ播き♪
P1240277.JPG 
    
小さい種だね〜、と榊原さん♪
P1240275.JPG

直径にして0.5mmほどのこの種が、株たけ20〜30cmにもそだつ。そう思って改めて種をみてみると、何か宇宙の神秘のようなものを感じないではいられない、で、あろう。

体験型予定地は、暫定的に協働耕作する。
こちらには、30番に縦長の畝を立てて、奥側にほうれん草、手前側には小松菜を播いた。
P1240281.JPG

いよいよ30番区画にも耕作は始まり、全体が畑らしくなってきた。
P1240280.JPG
作業はだいぶ遅れ始めたが(気候的に少し遅らせたほうが良いのだろうがしかし作物には適期というものがあり、悩ましいのだ)来週はとうもろこしを播こう。

種からやるの?〜うん、種から、やろうよ〜。〜鳥が来るよね、とうもろこしには〜。〜いよいよ防鳥ネット必要だな〜〜、で帰ろうとしたときに事件発見!!である。

野間さんが、持参の三つ葉を植えたときに、脇にあった小さな小さな、三崎からもってきたクレソンに土がかかり埋もれて、見えなくなってしまっている(@_@;)
P1240284.JPG

あわてて掘り出してみる。
P1240285.JPG
土の中から、冬を凌いで小さく、小さくなっていたクレソンを発見。救助、成功である(^_^)v

あれやこれやの盛りだくさんの協働耕作。楽しくもあり、楽しくもあり、ちょっとの恐怖と不安も、またあり。とりあえず事なきを得て、大団円、としよう。

※塩野さんのルッコラは、2日前のまま。やっぱり鳥たちは諦めたようだよ♫


     ※     ※     ※

大震災の死者・行方不明者は27518人(午後6時・警察庁)となったが、安否不明者を含めて、犠牲者は4万人以上にはなるだろう。
原発は1号機、3号機地下に高濃度放射性物質を含む水溜りが発見され、原子炉の冷却へ至る道は厳しい。
連綿と続く日常の営みの翳で、危機はなめらかに、奥深く進行している。
こころして、日々をすごそう。

     ※     ※     ※

■都筑Uzumakiファーム
 横浜市都筑区荏田南町4151他
 横浜市営地下鉄センター北より1.5km
■Uzumaki HPはこちら
■Uzumakiファームはこちら



posted by foody at 22:26| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | uzumakiファーム2010@都築の丘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。