2010年11月21日

11月20日のUzumakiファーム その3 豊作にはお金がかかる畑作の矛盾・菜の花の功利主義的勝利・チャップリンおばさんのきぬかつぎ

Uzumakiファームロゴ.jpg

森井さんと、広地さんが8番の畝の半分のにんじんの後を耕して、発酵牛ふん10ℓほどと腐葉土10ℓほどをいれた。いずれも市販のもの、で値段にして1,000円ほどになる。
〜お金がかかるな〜と広地さんが呟いた。
P1210286.JPG
毎度のことながら、目先の豊作に走ったわたしではあった(^^ゞ

だが、有機肥料を入れたことではなく、功利主義的判断で当面それを商品として購入していることが、気持ちを萎えさせる。
この奇妙な感情の矛盾は、根本的に人間と対象的自然とのかかわりの話であるはずなのに、市場の原理が間然なくつらぬいていることに起因しているであろうか。

また耕作にあたっても、3uほどの広さなので、本当はこの3倍くらい入れて、じっくり土地を休ませ完全有機で栽培したい、ような気がする。功利主義=市場社会の行き過ぎをどこかのセンまで引き戻さなければならないのではないか、どのように市場社会的原理および市場社会的実態と折り合いをつけることができるのか、思想と行動が必要なのだと、思われる。

その準備はいちおうしているが、思想のビルドアップも技術のビルドアップも、はたまた団体としてのUzumakiファームの行動の価値規範も、経済的基盤?も人的資源もまだまだ足りない。

とりあえずは(功利主義=最大多数の最大幸福という名目で)目先の収穫に走りつつ「畑」と言うものの存在を、言い換えれば市場社会と人間と自然のかかわり、特に食を媒介にしたかかわりというものを解きほぐして行きたい、と思って見るのではあった。。

7番の畝の小松菜のあとに、菜の花の種を播いた。
種播きはわいわいがやがや、いつも楽しい。
どう播こうか〜、バラ播きにしようか〜、土を掛けやすいから筋播きにしておこうよ〜、それで何条にする〜、2条くらいかな〜、いやーおろぬきするからね〜、で、やはり欲張って4条に播いた(-_-;)
いつに変わらぬ食欲の功利主義的勝利、である(^^ゞ
P1210289.JPG

3番のラディッシュのあとに、仮植えしておいた老母の種子採りのキャベツをそろそろ定植し、その脇に30日で収穫できるものを植えようとわたしが言い出した。
え〜、そんな狭いところに植えるの〜とあきれられたが、敢然とその声を振り切って、味菜(先週チャップリンおばさんが「姉のところから送ってきたよ〜」と託してくれたものだ)を選択した。
P1210287.JPG

まだ小さいキャベツを5本植え、その畝の端っこに味菜を植えた♪
P1210291.JPG
わたし(たち)は孤独で内省的な内心にアリストテレス的最高善の倫理の芽を持ちながら、他者との物的かかわりにおいてはイギリス功利主義的に振る舞うことで協和し、さらにはその中で個人として内面的にカント的自己決定を果たそうと試みたりしている、内省的倫理的・利益社会的・自己決定的自律的な、矛盾極まりない化け物のような輻輳的生き物である、かもしれない。

同じく仮植えしておいた、クレソンとコリアンダー(パクチー)を、根をほぐして広げて、チャップリンおばさんが植えなおした。
P1210282.JPG

本日のアフターはチャップリンおばさんが、きぬかつぎの煮た者に黄粉をまぶしたのよ〜、甘くないけどね〜というものを持って来てくれた(^^♪
P1210292.JPG

ケチャップを加えて作った煮っ転がしに、黄粉を、適度に、あくまで適度に振ってある。
P1210295.JPG
たぶん砂糖は不使用。
甘ったるくない、きぬかつぎ本来の味わいが、ゆっくりゆっくり引き出されて来る。
ケチャップがもたらすであろう独特の爽やかさ、芋のまったり感があと一歩のところですとんと爽やかな後味にかわる。
黄粉は香ばしくまた、醤油味と相俟って味覚を刺激しする。
いも、醤油、黄粉みたいな順番で旨みが踊る。

畑の生気と一緒に空腹に、踊りながら落ちてゆく。
ちょっとした曲芸のような面白美味しいきぬかつぎ。
わたしは一人で3個も4個も食べてしまった(^^ゞ
チャップリンおばさん、いつもながらの新鮮な味わい、ごちそうさまでしたm(__)m

     ※     ※     ※

写真を撮り忘れたが、この日も大収穫。
おなかも膨れ、たくさんの収穫物をみなで分けて手にすると、自然と食とがわたしたちを身体として満たしている、と実感する。

自然と食とにやはりすべては始まり、すべては解消される、であろうか。
わたしたちはここに生成し、ここに消失してゆく初原のものを確実に目にし、行い、我がものとして確信しているであろう。
けれども、始まりから解消までのプロセスには、(ここにも!)市場社会の翳も軛も充満しており、絡まりあったその錯雑紛糾は、どうもまだ人間の言葉のうちには収まらないのではないか、と思ったりしてみながら、畑をあとにした。

     ※     ※     ※

■都筑Uzumakiファーム
 横浜市都筑区荏田南町4151他
 横浜市営地下鉄センター北より1.5km
■Uzumaki HPはこちら
■Uzumakiファームはこちら



posted by foody at 18:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | uzumakiファーム2010@都築の丘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。