2010年11月10日

11月9日のUzumakiファーム その2 チャップリンおばさんのコリアンダー・わさび菜・ちもと・クレソン

チャップリンおばさんから託された苗を植える。

まずはコリアンダー。
できるだけ日当たりのよさそうなところを選んで植えた。
コリアンダーは英語で、英語圏では香辛料として使う、つまりハーブ(香草)だが、タイでは生食する場合は食品としてパクチーとなり、中国では香菜(シャンツァイ)となる。
わたしは大好きだ♪
P1200934.JPG

チャップリンおばさんのふるさとの大分ではポピュラーな「千本(ちもと)」。葱と玉葱(エシャロット)の雑種で一般には「わけぎ」と呼ぶのがわかりやすい。(ただし茶地下部分は赤褐色となり分球(球根がわかれる)して増殖し、分糵=ぶんげつ(=根がわかれ)して増える関東で言う青ねぎ・葉葱の「わけ葱」とは別種である。
お姉さんが送ってくれたとのことだ。大事に植えねば。
P1200937.JPG

10株ほどもあるので、植える場所に困る。
前回、唐辛子を抜いたあとの端っこに並べて植えることにした♪
P1200936.JPG

三崎でもらってきたクレソン。
清流で育つイメージがあって、この水はけの良い畑では…と思ってしまう。
三崎でも湧水のある谷間のクレソン田で育っていた。
でもアブラナ科なので、水生植物ではなく、葉が水没すると死んでしまう。もっとも水分は多量に必要なのではあるが…。
(書き忘れていたが、わたしは三崎のクレソン田で誤ってたっぷり水の張ったクレソン田に片足を落としてしまい泥んこになった…のだった)
P1200941.JPG
考えても解決策はないので、とりあえず、コリアンダーの隣に植えて、水だけはタップリやった(^^ゞ

作業の結果、唐辛子や紫蘇の跡地はこんなことになった♪
P1200943.JPG

わさび菜。
これも三崎の畑からいただいてきたもの(だと思うんだけど…)。
3株を、ブロッコリーの間に、なるべく陽にあたるように植えてみたが、これで育つやらどうやら。
P1200939.JPG
ま、様子を見て、適当なところがあった植え替えてやることにしよう。

     ※     ※     ※

次の打合せに行く時間が迫ってきたが、まだ仕事が残っていた。
次回の作業日(金・土)に種子どりキャベツその他を定植、または播種できるように3番の畝のラデイッシュのあとに牛ふんと腐葉土、化成肥料をいれて良く耕しておかねばならない。
P1200938.JPG
みんなでやれば、苦もなく短時間で楽しく終わる作業も時間に追われて一人でするとつらい。とても時間がかかったような気がし、あせってしまう。

農業は、やっぱり集団でやる方が良いよね〜なんて思ってしまう。
(人間以外の)自然と人間のバランスで、人間はどうしても集団で(まずは)農業を営まねばならなかった、であろう。そこから人間の歴史の一切は始まった、であろうか…。

P1200945.JPG
小春日和の暖かさに、雲ひとつなかった空に浮かんだちぎれ雲を見ながら、大慌てで帰った。

     ※     ※     ※

■都筑Uzumakiファーム
 横浜市都筑区荏田南町4151他
 横浜市営地下鉄センター北より1.5km
■Uzumaki HPはこちら
■Uzumakiファームはこちら


posted by foody at 12:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | uzumakiファーム2010@都築の丘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。