2010年09月21日

おろぬき大根を食べる

諸事情あって、朝ご飯は大量の鮭チラシ寿司になった。

(前夜、外で死ぬほど美味しい豚にく食べたからね〜♪ 夜ごはん残ってたわけだ。ん〜諸事情じゃないな、これは(^^ゞ)
P1180901.JPG

畑で抜いてきた、おろぬき大根。
取り急ぎ添えたものは、昆布としいたけの佃煮(市販品)、自家製青唐辛子味噌♪

P1180902.JPG

と、見せかけておいて、基本のオリーブオイル、塩(アルペンザルツ)、胡椒でいただく。
よくメラジェして口にほおりこむ。
一瞬、苦味が香り、あっという間に、軽くさっと、落ちてゆく。
えっ、もっとなんか言ってってよ、などと思いつつもう一口。
オリーブオイルが苦味(くみ)を殺し、あとにはビタミン類の爽やかさ、のみ。
食感はやわらかくひたすらに柔らかに、溶けたのではないかと思ってしまう。
これでは、食べることに罪を意識してしまう。
無辜の葉よ…。
P1180903.JPG

もう、これで(オリーブオイルで、ね)いいじゃない〜と思いつつ、つづいて巨大な双葉を唐辛子味噌で。
P1180905.JPG

あ〜、また違う、もっと薬味(?)が立つけれど、大根もただ爽やかなだけの何かになっている〜。
やめられないな〜。
これが罪なら、明日も罪人になろう、と固く思った(^^ゞ


posted by foody at 22:52| 神奈川 ☀| Comment(0) | おいしいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。