2013年12月14日

2013年8月10日の小机ファーム その1猛暑37℃

110627ロゴ.jpg

猛暑が続いて、この日の最高気温はついに37℃に達する予報だ(~_~;)
猛暑を避けるつもりで、7時ころに到着。すでにうだるような暑さだ。

なぜか、熊手が一ついかにも無造作に転がっているのだが…??
P1040104.JPG

どうしたのか、いぶかしく思っていると、オザキさんを手伝っているヒルマさんがあっち、あっちと指さしながら不意に現れた。
指さす先には、ぐったりしたオザキさんが…(@_@;)
P1040106.JPG

6時台でも暑さが厳しくて、へばってしまっているのだという(~_~;)

8時になると、もう一段暑さが増す。
大急ぎで収穫にかかる、つもりだがついつい作物たちの様子を見てしまう(^^ゞ

7日に定植した酸漿トマト。何とか根付いただろうか。根付いたようだ、な(^^ゞ
P1040107.JPG

5月に入って種を播いた第2期のほうのきゅうりが元気だ。
P1040109.JPG

すんなりと綺麗な瑞々しい実をつけている♪
P1040123.JPG

4月に種播きした方は、たくさんの結実をしたが、もう枯れ落ちそうだ。
P1040108.JPG

イチゴは元気なランナーがどんどんのびている。
P1040111.JPG

カボチャは一斉に熟し始めた。
柄のところが茶色く変色してきている。
P1040113.JPG

蔓は、とっくにうどんこ病になり、大きく枯れ落ち始めている。
P1040112.JPG

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム

■UzumakiファームHPはこちら


2013年12月08日

2013年8月7日の小机ファーム その2ケチャップおばさんの酸漿トマト、猛暑の畑を野菜と野菜料理で乗り切る、秋作の準備〜6番と7番の第1耕、夏の大収穫

110627ロゴ.jpg

種播きの点検のあとは、まずは軽い一仕事だ。
酸漿(鬼灯=ホオズキ)トマト、である。
P1040023.JPG

料理の先生であるケチャップおばさんから、プランターに密植えしたものを、これじゃあ育たないから畑に植えて〜と託されたのである。
これを、この猛暑の日だが、定植する。
P1040022.JPG

一本葱の横の余ったスペースに、堆肥と有機肥料を入れて耕す。
P1040029.JPG

十分に耕して、灌水して植穴を掘る。が、土はすぐに乾いてしまう(ーー;)
P1040030.JPG

とにかく植えてしまって、根元にたっぷり水をやった。
P1040036.JPG

続けて、秋作の準備にかかる。ジャガイモのあとの6番と8番に堆肥を入れ、石灰を播いた。
(う〜、石灰が多すぎ?? 霜が降りた程度に〜と、ものの本にはあるが〜(~_~;))
P1040032.JPG

耕耘にかかる。ただ歩いているだけのようなイメージがあるが。耕運機を押したり引いたり、結構な力仕事だ。
本日の気温は、最高35度。
日向で歩いているだけで、滝のように汗が流れる(>_<)
体はどんどん熱くなり、途中で、汗がどっと目に入り、どうにもならない。
諦めて、炭酸入りスタミナドリンクで水分補給だ(^^ゞ
P1040034.JPG

今日は、食べ物も用意してきた。
トウモロコシやオクラやトマトの野菜と、なすの鴫焼きを強引に乗せたおにぎりだ。
水だけでは、力が抜けてしまう。水分と同時に、糖分・エネルギーを補給できる食べ物で体力が維持できる♪
P1040015.JPG

おにぎりには、畑の大葉を載せて食べた♪
P1040021.JPG

一時間ほども赤かかって耕耘を終えて、収穫にかかった。
インゲンはいよいよ盛りだ。
P1040027.JPG

ナスもそろそろピーク、かな。1〜2週間でそろそろ老い、のような疲れのようなものが出始める…。
その頃、根切り、枝切りをして、9月の秋茄子を豊かに実らせる。
P1040047.JPG

たくさんの収穫だ。
P1040049.JPG

大汗をかいて、体から精気が抜けたようになって帰った。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム

■UzumakiファームHPはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。