2013年10月17日

2013年7月17日の小机ファーム その3トウモロコシのアワノメイガ対策、ヤングコーン、夏の盛の気配の収穫

110627ロゴ.jpg

トウモロコシも順調に育っている。
P1030355.JPG

第1株の雌株はほぼ全部受粉して、髭みたいな雌蕊を縮れさせている。
P1030356.JPG

これから危ないのが、アワノメイガだ。
無農薬でやっていると、ほぼ間違いなくアワノメイガの幼虫が侵入する。

アワノメイガ対策に、封筒を先端部分にかぶせることにした。
長さと太さのバランスが微妙だが、適当なサイズの、紙厚の厚い封筒を長さ12p程度に切って、すっぽりかぶせる。
P1030357.JPG

被せたら、下のほうを抑えてきゅっとひねる。
これで一応留まることになっている。
うまく留まるような長さを見出すまで、ちょっと試行錯誤したけれども、何とかアワノメイガガードの完成だ。(簡易版、だけれどね(^^ゞ)
P1030372.JPG
アワノメイガは穂先から侵入するのが多いが、側面からも、茎からも侵入する。
万全とはとても言えないが、何がしか役には立つだろう。

ほとんどの完全に受粉済みと分かる、第1穂に封筒をかぶせてひねって、作業完了だ。
P1030360.JPG


この時期の楽しみはこれ。
ヤングコーンまたはベビーコーンだ。出たばかりの第2穂や第3穂を掻きとって生か軽くボイルして食べる。
P1030361.JPG

畑仲間のヒルマさんも試食だ(^^♪
P1030362.JPG

本日の収穫。
トマトは芽掻きをしながら採ったが、だんだん増えてきて、そろそろ盛りに近づく。
きゅうりは今が盛り。なすは今でも十分多いが、9月がピークだ。
P1030367.JPG

急速に夏の盛りが近づく気配を紛々と漂わせる収穫だ、な。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム

■UzumakiファームHPはこちら


2013年7月17日の小机ファーム その2 ニンジンの種播き失敗、元気なかぼちゃの手入れ

110627ロゴ.jpg

12日に播種した人参の畝にかけた新聞紙が剥がれてしまっている(>_<)
こりゃあ、失敗だ〜!
このところニンジンは失敗が続いているので、結構ショックだ。
P1030333.JPG

発芽しかけていたなら、きっと乾いて枯れてなくなってしまっている。
発芽が始まる前に乾いたのなら、まだ種は生きているだろうが…、播種した時に水はたっぷりやったので、きっと発芽は始まっていたに違いない。
あの、種たちはきっと、もう消え失せてしまっているだろう(T_T)

それでも、諦められない気持ちで、水を遣り、生きてはいないと思いつつ様子を見ることにした。
この世界に、無駄なことも、無意味なことも一つもないのだから(ある指向性をもつ意識=エロス的欲動、にとっては)…、ね。
P1030348.JPG

再び新聞紙をしっかりと掛けて裾を土で抑え、今度はさらに寒冷紗で抑えた。
今度は大丈夫だろう、種が生きているならば、だけれども。
P1030352.JPG

気を取り直して、最近のルーティンワークを。
栗かぼちゃがまた茫々になっているので、側芽取りをして整枝する。
P1030331.JPG

7月6日に受粉を確認した第1果は着々大きくなり、もう直径10pほど。
P1030340.JPG

熟して、茎の付け根の辺りに茶色いものが見え始めた。
もうちょっと茶色くなったら収穫だ。あと1週間くらい、かな♪
P1030341.JPG

新しい受粉果も、出来始めた。
P1030339.JPG

本日は側芽はちょっと少な目。
P1030342.JPG

側芽はちょっとだが、大きく伸びた主枝が低いところに伸びているのを高く張り直した。
上の写真と比べると、ぐっと高く壁がそそり立っている、んである。
P1030338.JPG

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム

■UzumakiファームHPはこちら

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。