2013年07月31日

2013年6月28日の小机ファーム その2ジャガイモ掘り〜後二畝半・ジャガイモの漿果・一畝半終了

110627ロゴ.jpg

今日もジャガイモと玉葱を収穫する。

まだ2畝半残っているジャガイモだ(^^ゞ
写真が分かりにくいか…。
左はしの7番の奥のほうが、半分残っていて、右側の8番と9番の2畝とあわせて、2畝半なんだけれど。
右側の1畝と真ん中の畝の向こう半分はきたあかり、左の半畝と真ん中の畝にこちら半分はだんしゃくだ。
P1020727.JPG

右端、9番のきたあかりが一番枯れているので、この辺からはじめよう、か。
P1020730.JPG

株の根元から15cmくらい離れたところを狙って、剣先スコップを差し込む。
あまり近いと、芋を傷つけてしまうからね(^^ゞ
P1020755.JPG

一株で芋はこんな感じ。やや小粒なきたあかりとしては、十分なサイズだろう。
P1020756.JPG

ナス科なので、実ができている(@_@;)
こちらが、ジャガイモの果実=漿果、なんである。
P1020758.JPG
ジャガイモはナス科だが、男爵などでは実がつかない。でんぷん質の多いきたあかりなどの品種では実のつくことがある。
熟するとミニトマトのように軟らかくなり、食べられるようだが…。

果実に和んでいるのもつかの間、黙々と掘り、芋を拾い出す。
よく育ったきたあかりだ(^^♪
P1020766.JPG

やっとこさ半分を過ぎ、3分の2くらい行ったところで、くたびれて小休止だ(^^ゞ
かがんで芋を掘り出すので、腰が痛くなってくるのだ。
もうゆうに10kgくらいはあるだろう。
P1020767.JPG

右側の9番のきたあかりを掘り終えて、左側7番のだんしゃくに取り掛かる。
腰も痛いし、飽きてきたのをがまんして、黙々と掘る(~_~;)
このまま、置いておいたらだんだん病気にもなり、雨が続けば腐ってしまう。
P1020769.JPG

最後は苦行のような辛さを耐えて、何とか7番を掘りおえた。
P1020774.JPG

掘り出した本日のジャガイモの収穫。
右の二かごはきたあかり。一畝27株くらい分だ。ひだりは男爵、半畝13〜4株だ。
P1020779.JPG


    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


2013年07月24日

2013年6月28日の小机ファーム その1カボチャの仕立て

110627ロゴ.jpg

曇り空のした、8時頃に到着。
今日も盛りだくさんの作業だ。
P1020723.JPG

栗カボチャの栗坊がぐんと大きくなって、横に伸びて通路を塞いでいる(~_~;)
P1020725.JPG

蔓が延びているが主蔓か側芽か分からない(ーー;)
P1020745.JPG

持ち上げてみる。これは主蔓だった。そのままネットに巻きつかせて上へと誘導する。
南瓜や西瓜は、自然に、横へ横へと蔓を這わせるように伸びる。
横に伸ばせるスペースがあればよいのだが、ないので、上へ伸ばしている、のである(^^ゞ
P1020746.JPG

伸び始めた側芽も、取った。通路においてあるのが、取った側芽だ。
それぞれの主蔓だけを残して、南瓜にとっては不本意であろうが、上へ上へとネットに絡めて伸ばして作業完了だ。
P1020747.JPG

まだ2畝半残っているジャガイモ(^^ゞ
P1020727.JPG

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年07月22日

2013年6月24日の小机ファーム その3なすとピーマンの追肥、大収穫

110627ロゴ.jpg

今日もたくさんの仕事だ。
とうもろこしの手入れの後は、ナスとピーマンに追肥だ。
P1020670.JPG

シマラッキョウを掘る。
P1020671.JPG

インゲンはたくさんの花が咲いて最盛を迎えた。
P1020673.JPG

たくさんの収穫だ。
P1020674.JPG

大根は長くなりすぎ?て折れやすく抜きにくい(~_~;)
P1020678.JPG

ジャガイモは結局半畝15株ほどしか採れなかった。
掘っても、置いておくところがないからね〜(~_~;)
P1020677.JPG

大収穫を積み込んで、帰った。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年07月21日

2013年6月24日の小机ファーム その2ジャガイモ収穫、とうもろこしの手入れ

110627ロゴ.jpg

玉葱の後は、まだ3畝100株分もあるジャガイモの収穫だ。
今日のノルマは1畝半50株、かな(~_~;)
P1020660.JPG
たくさんの芋がつき、しかもよく肥えて、豊作だ♪

全体は…と思ったが、写真がまったくない。
たぶん、気が急いて、撮るのを忘れたのだ(ーー;)

ジャガイモを掘った後は、とうもろこしの手入れだ。

3日前、風で斜めに倒れ掛かっていたとうもろこしだが、相当に持ち直して直立しかかっている(@_@;)
雑草も大きくなっているので、まずは草取りから、かな。
P1020662.JPG

草取りの後は、追肥だ。
株間に一掴みずつ有機肥料を散布して、土を寄せる。
P1020666.JPG

4方からぐるっと土を寄せた。
P1020667.JPG

畝の周りに8本の支柱を立てて、麻紐を回して取り囲み、倒伏防止と、鳥避け・動物避けにする。
P1020668.JPG

2重にした麻紐を2段にして、ぐるっと回して結んで作業終了だ。
P1020669.JPG

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年07月16日

2013年6月24日の小机ファーム その1 記事アップ遅れのつぶやき

110627ロゴ.jpg

更新が遅々として進まない(ーー;)
いや、ちょっとずつ進めてはいるのだが。進め方が現実の時間に対して遅いのだ。
内容も浅くなる一方だ。
何とかしたい…。

やっぱり、とりあえずたまったものを消化して、リアルタイムに追いつくしかないか、な〜〜〜〜(~_~;)
早く追いつきたい。

     ※     ※     ※

未明に少し雨が降って、その後晴れた。
畑が乾くのを待って12時頃に到着だ。
P1020648.JPG

地表は乾き始めたが、まだ大量の水分を含んでいる。
P1020650.JPG

昨日、取り残した0番と1番の葱の辺りの雑草が、1日で巨大化している(@_@;)
P1020651.JPG

まずは目に付いたこの辺りの草取りから。
草取りは畑作のお供みたいなもので、基本といえば基本だからね。
雑草にも特に好ましくないものがあって、草勢強く作物をいためるものや、土地を占領してしまうもの、土質的に酸性が強くなるものなどは特に除去しなければならない。
常に小鎌を腰に挿して、目に付いたらすぐに草取り草取り、なんである(~_~;)
P1020652.JPG

17番のピーマンの辺り、のらぼうの落下種子から大量に発芽したもの。
少し大きくなって、取りやすくなったので、これも取ってしまう。
P1020653.JPG

おや〜これはピーマンのはずだったが、上を向いてとがった果実が出来ている(@_@;)
6月4日に、おまけみたいにして4株50円で買ってきて、ピーマンとばかり思って植えていた苗が、鷹の爪だったのだ(~_~;)
P1020655.JPG

まだ取り残している玉葱を大急ぎで収穫する。
P1020657.JPG

10番畝に残っていたものをすべてとって、これだけだ。
P1020676.JPG
あとにまだ5番の100玉ほどが残っている(~_~;)



    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年07月15日

2013年6月23日の小机ファーム その2トマトの残りの手入れ、玉葱・大根・ジャガイモその他の大収穫♪

110627ロゴ.jpg

息つくまもなく、トマトの辺りの草取りと、21日にやり残した半分の分のし立てにかかる。
P1020599.JPG

草取りもあっという間に終わって((^^ゞ)、玉葱の収穫にかかる。
P1020607.JPG

玉葱にかかった、のだが、安藤さんはキャベツのネットのモンシロチョウが気になる(^^ゞ
P1020608.JPG

ついでにキャベツの隣の大根を収穫だ。
P1020609.JPG

そして、大仕事のジャガイモ収穫にかかる。
茎が枯れ始めたからには、もう芋は大きくならない。
なるべく大雨が来る前に全部掘り出してしまいたいのだ。
今日は、まだ土が湿っていてけして収穫適日ではないが、置いておけばどんどん病気になったり腐ったりし始める。4本ある畝のうちの東端ぼ6番の畝全部、大体30株=大体30kgくらいを収穫してしまいたい、のだけれど(^^ゞ
P1020610.JPG

掘って見るとこんな感じ。
巨大なのがひとつと、大き目のが3つ、中くらいが二つ、小芋は5つくらいかな。
1kgくらいはありそうだ。
P1020611.JPG

わたしがえっちらおっちら掘り出して行き、安藤さんが芋を取り出してゆく。
1時間ほどもかかって11時になる頃、1畝分を掘りおえた。
P1020613.JPG

もちろん、ジャガイモだけでなくあれやこれやと採って、こんな大収穫だ(^^♪
P1020625.JPG

運ぶのが困難なほどの野菜を載せて、心地よく帰った。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年6月23日の小机ファーム その1安藤さんとすばやく第2期のきゅうりの種播き

110627ロゴ.jpg

この日は、安藤さんをピックアップして、7時半を過ぎた頃に到着。
快晴だが、日中の気温は27度の予報。梅雨時期としてはすごしやすい、かな。

何事もてきぱきと行う、安藤さんと一緒なので、到着してすぐに14番の北半分の残しておいたスペースにきゅうりの第2期の種播きだ。
土はこのところの雨で十分湿っているので、そのまま種を播く。
播くといっても、きゅうりはまき穴を掘り種を置き、土をかける手順だ。
僅か14株なのであっという間に作業は終わる。
種を播き終わって、漸く撮影した(^^ゞ
P1020591.JPG

播いたのはこれ。
異常気象対応型、と銘打っている。
P1020592.JPG

一株に一粒づつ種を置き、予備を含めて14株播いた。
(通常は安全のために一株2〜3粒播くか、苗を作って、良い苗だけを選んで後は捨てる。
2株播いて、1株を間引くのがいやで、そうしたのだが、どんなものだろうか。第1期もそうしたのだった)
P1020593.JPG

さらに、足で踏んで土を固める。
(耕して第1期を植えたのが5月はじめだから、1ヵ月半ほど経っている。が触ったところまだ土は軟らかい。この2ヶ月は、豪雨がなかった、のだ。4月のように、畑が池になるほどの土砂降りの雨が降れば、有機分は流れ、土は団粒構造を失い、単粒構造=粘土っぽいやつになって固くなってしまう)
P1020595.JPG

あっという間に作業完了だ。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年07月13日

2013年6月21日の小机ファーム その2 10日ぶりの畑を見る2、トマト、ピーマン、ナスの芽掻きと手入れ

110627ロゴ.jpg

ジャガイモは茎が枯れ始めた。もう十分大きくなったかな(^^ゞ
P1020517.JPG

とうもろこしが倒れ掛かっている(@_@;)
風が強かったのだ、きっと。
が倒れてはいない、ので、何もなければ自力で持ち直すだろう。
若いとうもろこしはとても強いのだ(^^ゞ
P1020518.JPG

一回りした後、トマトの手入れを少し。
伸びたのは良いがぐにゃぐにゃに曲がったり、隣のトマトと絡まったりしている(ーー;)
様子を見ながら側芽を掻き、伸びた茎を支柱に結わえる。
P1020520.JPG

ミニトマトは、たわわに実をつけている。
P1020527.JPG

奥のほうまで進むと、雑草でない何かが、まとまっておびただしい数の芽を出している(@_@;)
P1020522.JPG
ピーマンの植わっている17番畝の、この辺りは、のらぼうが完熟するまで置いておいて、種を採ったのだった。
弾けて散った種が、この雨で水分を得て発芽したのに違いない(~_~;)

ちょっとアップで。
ほんとにびっしりだ(@_@;)
P1020523.JPG

なんと、なぜかカボチャ(のようなもの)も発芽して、にょきっと大きくなっている(@_@;)
P1020524.JPG

伸びた茎を支柱に結わえる。
これは、ごく真っ直ぐなやつ、ね(^^ゞ
桃太郎は茎もどんどん太くなっている。
P1020525.JPG

途中で弱い雨が少し強くなったり、また弱くなったりしながら、降り続く。
か細い雨だが、上半身はもうびっしょりだ。
が、出来るところまでやっておく。

大きな実をつけ始めたこどもピーマン。
周囲の大きな雑草を取り、支柱に結ぶ。
P1020528.JPG

きゅうりは、背丈が人間ほどになり側芽もサk何位出てくる。
茫々になった側芽を取った。
まだ実は大きくなっていない、が、もうすぐだろう。
P1020533.JPG

さらにはナスも側芽を取って、整枝した。
P1020541.JPG

11時を回る頃、作業完了だ。
P1020549.JPG

次第に本降りになってきて、サトイモの葉っぱにも露がたまる。
P1020550.JPG

雨の中を、大急ぎで収穫して、帰り支度をした。
P1020545.JPG

入り口近くの0番の葱の雑草は、3分の1ほどを取り残したままだ。
P1020554.JPG

昼になる頃、雨に終われるようにして帰った。
またこの次、またこの次、必ずね。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年07月11日

2013月6月21日の小机ファーム その1 10日ぶりの畑を見る

110627ロゴ.jpg

11日に来て以来10日ぶりの畑だ。
13日に来ようと思っていたが、雨天でやむを得ず中止になってしまった。
その後1週間不在にしていたので、結局11日以来、になった。

この時期の10日間は長い。

5月末に早々と入梅宣言は出たものの、6月上旬はほぼ雨はなく、気温も最低15〜17、最高25℃前後で推移していたが、10日を過ぎてから雨も気温も梅雨らしくなった。
10日からはほぼ連日の降雨で、10日から20日までの降雨量は合計110mmほど。気温は最低20℃程度〜最高27℃程度になった。
雑草も茫々になっていることだろう。
恐る恐るやってきた。

この日は、午前中は何とか持ちこたえるが、昼ごろからは雨、だ。
8:55に到着。ぽつぽつと細かい雨が降っている。が、今日はそんなことは言っていられないんである(^^ゞ
P1020370.JPG

入り口の0番の一本葱の辺りは、草取りしたあとだったが、ところどころに大きくなった雑草が出現している(ーー;)
P1020488.JPG

キャベツのネットの中に、モンシロチョウがたくさん、たくさん…(@_@;)
P1020489.JPG

よ〜っく見てもやっぱりモンシロチョウがたくさん、だ(ーー;)
ネットを開けて、せっせと追い出した(~_~;)
P1020495.JPG

大根が高々と薹立ちしている(@_@;)
P1020490.JPG

栗カボチャの栗坊がこんもり茂って、何がどうなっているか分からない(@_@;)
ちゃんとしたててやらねば、である。
P1020491.JPG

トマトはぐんと大きくなったが、また側芽が茫々だ。
また側芽取りをして伸びた茎を結んでやらねば…(~_~;)
P1020492.JPG

ピーマンは目立った変化なし。生育が遅いなー(ーー;)
なすは一回り大きくなった、かな(^^ゞ
P1020493.JPG

しっかり結実も始まった♪
P1020504.JPG

サトイモも一回り大きくなって栄養成長の最成長期に入る。
P1020494.JPG

10日振りの畑は、しっとりと潤い、も潤ってくるような気分になった。
思っていたほど雑草も伸びてはいない。
作物たちもびっくりするようなことはないが、確実に力強くなっている、かな。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年07月10日

2013年6月11日の小机ファーム その2夏物手入れ〜大きくなったこどもピーマン・枯れそうだったオクラ、雨と気温が揃う祝祭の季節、雨に降られて帰る

110627ロゴ.jpg

きゅうりの後は、大きくなったこどもピーマンにも追肥だ。
P1020363.JPG

さらにお隣の19番のオクラにも追肥をやる。
オクラは、移植したときに根付かないかと冷や冷やしたが、よくみんな根付いた。
すまん、よくがんばったな〜、ありがとう〜の気持ち、かな(^^ゞ
P1020364.JPG

オクラは元気を増して、大輪の美しい花をつけている(^^ゞ
雨の名残か、水滴が花びらに乗っている。
…と思っていたら、またぽつぽつと降り始めた(ーー;)
P1020366.JPG

大急ぎで残りのピーマンにも追肥をやり土を寄せる。
雨が次第に本降りになってくる。
10時30分を少し過ぎた頃だ。
P1020368.JPG

もういけない、と踏ん切りをつけて帰り支度を始めた。

うずたかい緑の森みたいなサンチユに目が留まる。
初めて梅雨らしい気候になり、しっとりと湿った土に、すっかり背が高くなったチマサンチユがこんもりと森のような姿だ、な。
P1020373.JPG

大地はしっとりと湿り、生き物たちはいよいよ生きることを寿ぎ、伸びやかにさんざめく季節になった、と実感する。
生命は気温と水に育まれて、いるのだな。
珍しく帰り際に全景を撮る気になった。
P1020370.JPG

潤う畑に、沸いてくる感慨を奥のほうに湛えて、努めて冷静に帰り支度を急ぐ。
それでも、今日は気になっていたナス科のものたちへの追肥をやることが出来た。
これで一回目の追肥は全部終わりだ。
しばらく雨がちの天候が続く。
作物たちは、一気に伸び始め、大きくなる。

13日に来られると良いが、雨でくることが出来ないとその後1週間は来ることが出来ない。
しかし、一応やるべきことはやれたかな。
ちょっとほっとした気分になった帰った。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


2013年07月06日

2013年6月11日の小机ファーム その1雨の中を畑へ、トマトの芽掻きときゅうりの手入れ

110627ロゴ.jpg

14日からは1週間ほど不在になるので、
雨がちの中を少しでも作業をしておこうと、殊勝な(?)心がけで7時には出発した。
が、何とかもちそうな予報だった空が急に暗くなり始め、雨が落ちてきた(ーー;)
P1020334.JPG

こりゃあまずい〜(>_<)
どーしよーか、やみそうかなー、どうかなー、でしばらく様子を見ていたが、何とか雨は収まりそうに思える。なんとか作業したいなー。ええい本降りになったらそれまで。とにかく行こう。
小雨になったところで、踏ん切りをつけて畑へ向かった。
到着は7時半ころ。
畑はもちろんしっとり湿っている。
P1020335.JPG

大根の葉っぱはこのとおり。
びっしりと雨粒がたまっている。
P1020337.JPG

濡れていてもできる仕事からいそいそとはじめた。
トマトは背が伸びて、側芽も伸びている。
今手入れをしておかないと、1週間後にはとんでもなくぼうぼうになってしまうのだ(>_<)
P1020338.JPG

すでに、主軸か側芽区別もつかないほど茫々なのもある(~_~;)
P1020340.JPG

大きな側芽はこんな感じ。
P1020359.JPG

横から見ると葉の柄の付け根に側芽がいっぱいだ(~_~;)
P1020341.JPG

たくさんの側芽を取った。
P1020360.JPG

背の伸びた苗を支柱に結わえた。
P1020346.JPG

最後に追肥をやり、軽く土寄せしてトマトの手入れは完了だ。何とか1週間とか10日くらいは大丈夫だろう。
P1020367.JPG

本葉が4枚になり伸び始めたきゅうりにも追肥をやる。
株元に一掴みずつ、有機肥料を撒いて、土地寄せする。
P1020343.JPG

幸い、雨はもう去ったようだ。


    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年07月02日

2013年6月9日の小机ファーム その3きゅうり、ズッキーニの手入れ、ツルムラサキの支柱、キャベツの手入れ、人参の追肥と中耕、大収穫とたくさんの仕事〜畑の醍醐味

110627ロゴ.jpg

草取りの後は、育ってきたものの手入れだ。

播種後1ヶ月がたって、本葉が4枚になり、どんどん伸びはじめたきゅうりに追肥をやる。
株そばの畝の肩の辺りに有機肥料一掴み(まあ20〜30gくらい、かな(^^ゞ)を置き、土寄せをするのだ。
P1020297.JPG

ぐるっと回って、反対側も同様に土を寄せる。
P1020299.JPG

そのままズッキーニにも追肥だ。
P1020298.JPG

腰がだんだん重くなってきたのでたち仕事をひとつ。
5番のツルムラサキの支柱を建て増し、ネットを張り替えた。
P1020273.JPG

いよいよ結球してきたキャベツだが、青虫も大量発生してきた。
ネットの中にモンシロチョウが何羽か飛んでいる(~_~;)
(蝶の数え方は、学術的には1頭2頭、と数えるらしいが、匹でも羽でも良いらしい)
ネットを捲って、まずはネットの中のモンシロチョウを追い出す。
P1020279.JPG

葉裏には、さなぎになったものが羽化を待っている(~_~;)
P1020277.JPG

軽く土寄せをして、作業終了。
P1020285.JPG

漸く葉の伸び始めた人参には追肥をやり、中耕をする。
ここは、土作りをしたところに大雨に降られて、そのまま強引に畝を立てて種播きをした。
表土からは、栄養成分が流れ出てしまい、物理的にも単粒構造化してしまっている。
そのために生育の遅れている人参だ。ある程度葉が大きくなるのを待って、というのは根が育つのを待って、中耕をと思っていたのだが、その時期が漸く来たのだ。

やはり固くなってしまって、手鍬も、移植ゴテもなかなか入らない(>_<)P1020302.JPG

何とか力づくで土を砕いて、肥料を押し込み、水をやった。
なんとか育てよ、である。
P1020304.JPG

巨大化した大根を採り、蕪を採り、ジャガイモも玉葱も運べる程度に採り、大収穫となった。
P1020305.JPG

たくさんの仕事と大収穫。
畑の醍醐味、かな(^^ゞ

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

2013年6月9日の小机ファーム その2雑草を取る

110627ロゴ.jpg

試し掘りをしたジャガイモと横の10番の玉葱の辺りに雑草が目立つ。
P1020261.JPG

玉葱の一番奥の辺りは、緊急事態になりかけている(~_~;)
雑草は、左側、隣地の梅林からどんどん進出してくる。自然に奥のほう(梅林側)が雑草が多い。
放っておくと、来週にはすごいことになるだろう。
P1020262.JPG

ここは草取りをしておかねばならない。
一応目立つ辺りを取ってみた。
小さな青紫蘇が何本も自生している。少し迷って残してみた。
P1020263.JPG

なんとなく、青紫蘇だけを残して草取り完了、である。
P1020264.JPG

14番の増える葱の辺りも雑草が出てきた。
P1020288.JPG

奥のほうはもっとすごい(ーー;)
P1020289.JPG

奥のほうからきれいにし始めた。
P1020290.JPG

だんだん、腰が痛くなる頃、手前側も終了。
P1020295.JPG


    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。