2013年06月18日

2013年5月28日の小机ファーム その3収穫〜大根とねぎ、いたいけなサトイモと個体の生の不可逆な時間について

110627ロゴ.jpg

最後は収穫だ。
よさそうな大根を探して〜、どれどれ、これにしよう、と葉を掻き分ける。
P1010972.JPG

おー、大きい、で満足の安藤さんだ♪
P1010973.JPG

パセリの薹立ちした花穂にキアゲハの幼虫が取り付いて食事中だ(^_^;)
これは〜、生かしておきましょうよ〜と安藤さんが言った。
そのままにしておいた。
P1010974.JPG

増える農家ねぎを一株掘った。
P1010975.JPG

サトイモは2日の間にどんどん発芽が進んだ。
P1010978.JPG

アップで。
このいたいけなものが、さらに壮んなものとなり、老熟して果てるまで、個体は生命と言うものを生きる。あるいは、生かされる。
個体の成育あるいは老化は不可逆である。
自らを振り返って、老いというものの逃れがたさを思う。
P1010979.JPG

サトイモの苗を見ながら、収穫を終え、ここにこのようにして生きる実存が、出会い行いしてゆくことの逃れがたいこのありようを生きるのだと思った。
安藤さんは行うことの達人だ。意思と行動を上手に統覚していかにも収まり良い風情だ。

離れても忘れずに来てくれる安藤さんに感謝して作業を終えた。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら




2013年5月28日の小机ファーム その2トマトの大補植〜ミニトマト15株

110627ロゴ.jpg

息もつかずに(って、テキト〜に行きはついているんだけど(^^ゞ)、ミニトマトの移植にかかる。
こちらは購入苗ではなく、自家製とも言いがたい勝手に生えてきた実生の苗だ(^_^;)

苗床に植え替えておいたものを、再度掘り出して準備のできた畝に植え替える。
値を崩さないように、慎重に〜慎重に〜、やったけど、根がはみ出している(ーー;)

苗の大きさが、昨日のナスや一昨日のオクラに比べるとぐっと小さいので、作業は移植ゴテで間に合うし、中くらいのポットにもなんとか収まる。作業が格段に楽で早い♪
P1010959.JPG

掘り出した苗を籠トレーに入れて、運んでどんどん植えてゆく。
P1010958.JPG

どんどん植えて、もう最後の苗。
P1010964.JPG

大きな苗は、麻紐で支柱に結わえて植えつけ終了だ。
P1010961.JPG

今日は作業もしやすいが、安藤さんと2人作業なので、やはり倍速で作業が進む(^^ゞ

採種用に一株残しておいた、この辺の(どうも東京・川崎あたりらしいのだが)のらぼう菜だ。
P1010965.JPG

熟して、はじけ始めた。
P1010966.JPG
熟したはじける直前の莢のついた枝を折って袋にいっぱいになるまで入れて収穫、じゃ無くて採種完了だ(^^ゞ

スピードが速いので、勢いづいてどんどん作業する。
ミニトマト同様に落ちた種から自生した実生の青紫蘇を、南端の生姜の横に植え直した。
生姜の日除けにもなるしね(^^ゞ
P1010970.JPG

21番の島ラッキョウの端にも青紫蘇を一つ植えた。
安藤さんは島ラッキョウの収穫中だ。
P1010968.JPG

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。