2013年04月28日

2013年4月14日の小机ファーム その2 3週間ごしの人参の種播き

110627ロゴ.jpg

昨日、土にぬかりながらざっと畝立てした13番(右の畝)の形を整え、12番を軽く畝立てして予定よりも2〜3週遅れで、ようやくの人参の種を播くことにした。

人参を播くのは13番の南半分だ。大体200株くらいになる予定。
13番の表土の固さを確かめ、水分を確かめた。大雨のあとで土はまだ十分湿っているが表土の乾きは早い。
水を播いて表土を湿らせ、上から鍬の歯の裏で強く押して、だんご状になった土塊を押しつぶしてできるだけ細かい粒子にした。
そこへ4条の播き筋をつけたところ。
P1000699.JPG

で、人参の種を取り出した。
P1000696.JPG

右の春蒔き五寸を手にとって見る。残りも少なく、種はもうカラカラに乾ききって萎んでしまっているように見える。
ひょっとすると一昨年の種かもしれない(~_~;)
P1000700.JPG

時なし五寸のほうは、緑色の消毒液の色が着いているが、種はしっかりと膨らみ重みもある。
こちらを播くことにした。
P1000701.JPG

条間、株間とも15cm程度に5粒くらいずつ、指で穴を開け、種を押し込む。
P1000702.JPG

えーっと、押し込んだ種は〜、う〜ん、よく見えないな〜(~_~;)
P1000704.JPG

種を播いた上から保湿のための新聞紙を2枚重ねでかけ、裾を土で押さえる。
P1000705.JPG

昼に近くなって、やっと作業完了。
P1000707.JPG

3週間も遅れてしまったが、のどのつかえが取れたような気がする、とはこんなことであろうか。
体は疲れたが、軽くなるような気分で、収穫をして帰った。

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。