2013年04月21日

2013年4月8日の小机ファーム その1再び播種失敗を確認する(ーー;)

110627ロゴ.jpg

この日は、ますます晴れ上がって、雲一つない、くっきりした青空だ。
勇んで7時半ころに到着した(^^ゞ
見たところ、畑の土の色は、まだ湿り気十分だ。
今日もまだ畑に入れないだろうか、と心配になる。
P1000549.JPG

まずは比較的通路の土が固まっているはずの1番畝の苗たちを見る。
昨日は泥濘(ぬかるみ)で中のほうまで入れなかった畝の中ほどまで、少し沈むところはあるがまあまあ入ることができた(^^ゞ
P1000552.JPG

捲れていたビニールと不織布を除けて、見てみる。ホーム桃太郎を播いたあたりだ。
うーん、まだ発芽していないようだ。もう播種後4週間だ。種まき失敗ということで播き直しをしよう、と決めた。
P1000552.JPG

ねぎも、状況に変化はなく、ほぼ発芽していない(>_<)
P1000551.JPG

ミニトマトキャロルは、いくらか発芽したが、2週間来なかった間に消滅したものもあったようだ。
P1000565.JPG

唯一、発芽して残っているもの。
P1000566.JPG

発芽は(って、正しくは出芽、なんだけど(^^ゞ)したが、強い風で捲れた不織布やなんかに擦れて、折れてしまったもの、もある。
P1000568.JPG

千両2号は、見えにくいけれども、11株くらいの発芽、かな。
P1000563.JPG

ピーマンも10数蕪の発芽。
P1000559.JPG

発芽したてのピーマンの苗だ。
P1000562.JPG

このほかに、ジャンボしし唐は約20株、水ナス紫水は10数株の発芽。
トマト2種と、ねぎはほぼ全滅状態だから、種播きをしよう、明日しよう、必ず(^^ゞ

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら


2013年4月7日の小机ファーム その2絹さやの支柱を立て直す、泥濘に手も足も出ず〜自然にはあきらめも肝心

110627ロゴ.jpg

何かしなければ、ということで、ようやく踏ん切りをつけて、1番の絹さやの支柱を立て直した。
下手に踏み込むと、足が沈む恐れがあるので、恐る恐る足場を確かめながら、である。
(何か所か、沈んでしまった。写真の左より最下部とか、右端ややや下の辺りにあとが残っているけれど(^^)
P1000538.JPG

足元に気を付けながら慎重に歩いて、3番4番のキャベツと大根の様子を見に行った。
こちらは4番の大根だ。ほぼ完全発芽状態♪のようである。
が、通路を歩こうとすると沈んでしまうので、今日は不織布やネットを剥ぐることができない(ーー;)
P1000526.JPG

こちらは3番のキャベツ。
雑草も元気に出始めていて、どれがキャベツやら、なんやら、分かりはしない(*_*;
P1000535.JPG

キャベツのアップ。愛らしい。
P1000536.JPG

10番の玉ねぎの南端では、大増殖してスギナの森のようだ(>_<)
が、まだ土は水を吸ってドロドロだ(ーー;)
P1000533.JPG

少し、踏み出そうとして、やっぱり泥土にハマった(ーー;)
こうなったら抜け出すのに一苦労だ(~_~;)
倒れないように注意しながらやっとのことで、足を引っ張りだした。
P1000534.JPG

今日はもう何もできない、な(ーー;)
気持ちは、忸怩たるものがあるが仕方がない。自然相手にはあきらめも肝心、かもしれない。
P1000539.JPG

サンチュやら、茎ブロッコリーやら、春菊やら採れるものを手当たり次第に採って、そそくさと帰った。


    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。