2013年04月06日

ブログ遅れ〜再開の言い訳、読書メモ〜柄谷行人と竹田青嗣・単行者たち

なんやらかんやらであわただしく、インターネット環境も調子悪くて(e-mobileのLTE‐Wifiね)ブログの更新も畑作業も思うようにいかない。
ブログはまだ3月11日だし、畑は3月26日から行けていない(ーー;)
今週末、今日の夜からは春の嵐(おう、ヘルマンヘッセ、春の嵐、か)の予報だ(>_<)
また作業が遅れるぅ〜(T_T)

というのが、ちょっとの中断の言い訳なんである。
この間に、月末の報告をまとめ、市民団体uzumakiの最後の決算をまとめ、4月の仕事の準備をし、取り掛かった。畑の仕事は週末の雨もあってお留守になったわけだが、いくつかの本を読むことができた。

     ※     ※     ※

竹田青嗣の『言語的思考へ 脱構築と現象学』を読んで改めて柄谷行人との違いについて思ったりしていた。(本は移動の電車で読むのだ。柄谷『トランスクリティーク』→竹田『人間的自由の条件』+『人間の未来』→『言語的思考へ』、そして柄谷『世界史の構造』の順で読んだ。みな覚醒の思いで、2度ずつ読んでいる。)
どちらも1970年ごろに吉本隆明の強い影響圏から出発した文芸批評家だった(この世代で吉本の影響を受けないものなどはいないはず、といってよいほどだろうが)。「在日」だが政治色の薄い竹田青嗣は文芸批評から近代哲学へと進みフッサール現象学から言語‐認識論の隘路を経てヘーゲルの『自由』へと行き着き、60年ブントの柄谷はマルクスの「可能性」からやはり近代現代哲学へと進み、カントとマルクスの「トランスクリティーク」を経て、アナーキズムを視野に入れつつ「実践」的な『アソシエーション』と『世界共和国』に行きついている、ように見える。
竹田青嗣が、市場システムと近代の再検討にじっくり力を注いでいる(へーゲルの「自由」の良さに拘泥している?)のに対して、柄谷行人は国家と資本の揚棄を無条件の前提としてやや急ぎ足で未来のフレームを構築しようとしている、ように見える。

彼らは互いを、強く意識し評価してこれらの書物の中でも互いに言及しているが、それぞれの弱いところをついたやや厳しい批判に終始している印象はぬぐえない。まだその営為が交錯し、出会うところまで時代の舞台が回っていない、かもしれない…。この時代というものが強いる言語の水準というものの、吃水が低すぎる、のかもしれない。
この40年で、もちろん、想像もできないほど、飛躍的に熟してきてはいるのだが…。

ともあれ彼らは、この時代を共有し自力で自分の思想を構築しようとしている。彼らは世界〜海外の現代思想に精通するが、このシマグニ伝統の外国の言説の切り売り屋ではないし、このクニの風土を否定もしない。(竹田は自分の民族的帰属から、離脱しもしている。柄谷は英語圏で活動しながらこの場所、で思考する)
その意味では、吉本の「自立」のある核心部分を継承しながら、世界を横断する言語=思想の水準がこのニホンの文化圏で史上初めて到来しようとしている、と思う。

彼ら二人は、交わることが困難な、しかしとても近いところを歩む単行者である、とも。

柄谷行人 『トランスクリティーク カントとマルクス』岩波現代文庫2010年1月15日第1刷、1500円+税
P1130326.JPG

竹田青嗣『人間的自由の条件 ヘーゲルとポストモダン思想』講談社 2004年12月7日第1刷2700+税
img004.jpg
竹田青嗣 『人間の未来 ヘーゲル哲学と現代資本主義』ちくま新書2009年2月10日第1刷900円+税
P1100881.JPG

柄谷 『世界史の構造』岩波書店2010年6月24日第1刷3500円+税
世界史の構造.jpg

竹田 『言語的思考へ 脱構築と現象学』径書房2001年12月15日第1刷2200円+税
名称未設定 1.jpg 

柄谷 『マルクス その可能性の中心』
P1070377.JPG
竹田 『エロスの現象学』
P1120677.JPG


posted by foody at 19:40| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のための読書メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。