2012年12月14日

2012年12月10日のUzumakiファーム その2無残なナスの始末、キャベツ結球、泥濘、大収穫

110627ロゴ.jpg

すこし遅れてやってきた佐々木さんと、先週には朽ちていたナスの始末を始めた。
(今頃、なんだけれども(^^ゞ)
このナスは、種から育てようとしてうまくいかず、急遽苗を購入したものがほとんどだ。
トマト、キュウリは直播で、オクラは苗床で何とかうまくいったが、直播を試みた茄子とピーマンは発芽率も低く、発芽したものも生育が悪かったのだ。
植えるのも遅くなったのだが、夏の終わりになってから草勢を増して、9月10月と盛んに結実した。
11月に入って、まだ着花はするが、さすがによい結実がなくなり、3週ほど前から本格的に弱り、開花しなくなったが、葉が生きているうちは、ということでこれまでそのままにしておいた。(そのまま、ではなく、本当はその頃追肥も施したのだった(^^ゞ)
だが、こう無残に枯れ落ちては見るに忍びない。
ようやく、始末する気になった。
P1390305.JPG

ピーマンはどうしましょう、と聞かれたが、葉が生きているものは残しておきましょ、と答えた。
優柔不断、なんである、きっと(^^ゞ

昨日に続いて里芋を掘った。
まだまだ掘り残している(^^ゞ
P1390309.JPG

キャベツは漸く、結球し始めた。
すこし生育が遅い。
白菜や、のらぼうと一緒に追肥をやりたいと思ったが…。
日はすでに高く、収穫するだけでも時間がかかる(~_~;)
P1390313.JPG

霜が解けてきて、表土はどろどろになった。どろどろの土は滑り、足をとられそうになるので、歩くだけで重労働だ(~_~;)
P1390316.JPG

転ばぬよう、慎重に足を運びながら凍ったピーマンをすべて採りこみ、同じく凍ったトマトを拾った。やはり凍ったツルムラサキを刈った。
これらのものを手にし、食べられるのはこれが最後なのだ、な。

人参や、大根、聖護院蕪、あやめ雪、白菜なども採って大収穫になった。
P1390319.JPG

泥んこになった重たい靴を、引きずるようにして、帰った。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 20:18| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。