2012年10月14日

2012年10月6日のUzumakiファーム その3収穫から始める立て直し〜ナス、オクラ、トマト、ピーマン、きゅうり、そしてツルムラサキ

110627ロゴ.jpg

どこからどうしたものか、と思案しながら始めたのはなんとナス科のものたちの収穫^_^;
手入れをすることは多いが、株はそれぞれに元気で特に急を要するものもない。
この際入り口に近いほうから順に全体を立て直すことにした、のである(^^ゞ

ついては、収穫も一緒にやってしまい、収穫しながら、倒れたものたちを引き起こそうと、いうのである。
ナスは、台風前よりむしろ元気で、形の良い実をたくさんつけ始めた(@_@;)
P1370785.JPG

新たに支柱を立て、斜めになったものや、枝が伸びたものを結んだ。
P1370793.JPG

ナスに続いてオクラの修復と収穫だ。
一番奥の21番のオクラを立て直す。支柱を2本立てて5本ほどの幹と枝をゆるく結わえた。
株自体はとても元気でたくさんの結実がある。
P1370790.JPG

1週間ぶりのオクラの結実状況はこんな感じ。なんと元気なのだろう(@_@;)
P1370789.JPG
写真上のオクラは大きすぎて硬くなって廃棄処分にするしかなさそう、に見えるが、ほんとに硬いもの数本を除いて、わたしは薄切りに刻んで食べる。刻んでから加熱しても良いし、生でも良い。

とりあえず中の大くらいのやつを生で一かじり。しゃきしゃきがねっとりに変わり、ほんのり甘みがあって美味。(これ以上大きいと、やっぱり繊維が太くなって噛み切れないよな〜^_^;)
P1370787.JPG

茫々のミニトマトは、それでもしなやかに風を受け止め、和らげ、あるいはしたたかに、生き延びた、であろうか。そのために幹も枝も細く、葉も切れ目を入れているのだろうか、などと思ってみる。
P1370795.JPG

しかし足許にはたくさんの折れた小枝や、落果が散り敷いている(ーー;)
それでも結実はしっかりとあり、数十個の収穫がある。
P1370794.JPG

トマトを回ってピーマンにいたる。
ここは、倒れているものが多く、結構本格的に修復が必要だ。
P1370798.JPG

株の幹周りには、大きな穴が開いている(@_@;)
大風にゆらき傾ぎ、懸命に耐えた様子が偲ばれて、感慨を覚えた。
P1370797.JPG

完全ではないが、数本の倒れていたものを引き起こし、伸びていた枝は支柱に結び、なすの補強も追加して作業完了だ。
P1370801.JPG

支柱からずり下がってしまっているきゅうりは、それでも少し実をつけている。
P1370805.JPG

支柱の足許には、巨大な穴が(@_@;)
これも、大きく傾ぎながら、細いがゆえに耐えた、ということであろうか。
P1370806.JPG

無事にきゅうりの建て直し完了の図。
P1370808.JPG

ただ、たて直しはしたが、株そのものが弱ってしまい、もう回復は難しそうだ(>_<)

いよいよ、ツルムラサキのところへやってきた。
しょうがないな〜、まだ1ヶ月はお世話になるからな〜、ぼちぼちやるかな〜(^^ゞ

予定通り、4重にした麻紐で交叉したイボ管支柱を結わえて、その股に重い横支柱を乗せる。
中央の横支柱と縦支柱に4重にした朝紐をかけて軽く持ち上げて支持しながら、結びやすいところで結ぶ。
さらに4重の紐でをつくり、たて支柱にしっかりと引っ掛けて、さらに横支柱に引っ掛け絞って横支柱を持ちあげ、何とか持ちこたえあられそうなところで紐をすばやく固定する。
これを二回ほど繰り返し、ようやくまあまあの高さまで持ち上げて固定した。
P1370809.JPG

でもまた台風がきたら、また倒れるな〜。
縦支柱を、しっかり補強しておかないといけないかな〜(^^ゞ

    ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 21:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。