2012年09月08日

2012年9月8日本日のUzumakiファーム その1秋作の種まきは農耕の精華・耕作者冥利

110627ロゴ.jpg

今週は秋作第2弾。
先週の第1弾は猛暑の中で、最初の種まきの発芽率は半分以下。
発芽しても水不足で成長が芳しくなく、水遣りと補整に追われた。
何とか発芽ご成育も始まり、今日は、第2弾を播ける。
晩夏の猛暑の中で、気候の変化を察知しながら、困難の中で作物たちを発芽させてゆくのは、自然をじかに相手にする耕作のダイナミズムであり精華でもある、と思う。
耕作者冥利に尽きる、ようなところがある、かな。

6時を過ぎて畑に到着。もうオザキさんもタキザワさんも来ている。
みんな秋作に余念がない、かな(^^ゞ
P1360839.JPG

第1弾で種まきしたものたちを見に行く。
もう、ネットの外からでも、はっきり判るほどに大きくなっている(^^♪
(上にかけていた不織布が、大きくずれてしまっているが、それでも外れていはいない、一応予想の範囲内、かな(^^ゞ)
P1360846.JPG

20番の、右が山東菜、左が黄心白菜、中央は黄心白菜の予備だ。
アブラナ科でも白菜系は疎抜きが美味なので、種を多めに播いた(^^ゞ
ここは補整分も含めてほぼ9割方の発芽。
2か所ほど、発芽していない(ーー;)
発芽していないところは、後で苗を移植する。
P1360847.JPG

ビニールトンネルに種まきした、「芽だししてしまった」白菜。
概ね100株分はある、のだが、植えるところがない(~_~;)
P1360850.JPG

18番の聖護院蕪のネットには、びっしりと露が降りている。
P1360851.JPG
18番の聖護院蕪、ルッコラ、ほうれん草も、19番の小松菜、小蕪、あやめ雪は9割以上。
春菊だけはまったく発芽しない(~_~;)

14番のキャベツ、826日に播種したものは手前の苗。
奥のほうに9月5日に補整で種まきしたものが発芽している。
26日のものは1本しか発芽していないし、猛暑で弱っているような気がする。
P1360861.JPG

発芽状況は、まあなんとか、合格の範囲内。
苗は明らかに補整で播いたものの方が元気がよい。

種まきの微妙さ、だな〜(^^ゞ

     ※     ※     ※

中2日あいた畑を取り急ぎ見て回る。

オクラは元気にどんどん開花し、どんどん結実する。
P1360841.JPG

オクラの花。
オクラは、花も食べられる。オクラの実と同様、刻むと粘り気が出る。
P1360843.JPG

きぬかつぎにする石川早生。
親芋の周りに、小芋がたくさんできているようだ。
サトイモは、日照続きの傷みから、回復途上にあり、元気を取り戻しつつある。
P1360845.JPG

21番。植えたままで雑草だけは何とかとっているものの、放りっぱなしのシマラッキョウから、新しい芽が出てきた\(◎o◎)/!
夏の間、掘り出しておけばよかったのだが…(^^ゞ
P1360855.JPG
たしか5月ごろに、2本ずつ植えたのだったか。
それでも、結構増えているように見える。
近日、掘り出して植えなおすことにしよう。なんとか復活してくれるだろう(^^ゞ

たった一本だけ、葱坊主が出てきたのもある。
こりゃ、増えてなどおらず、辛うじて生き残った、というところだろか(^^ゞ
P1360856.JPG

たった一個だけ結実した、高瀬さんの堆肥から生え出た実生のトマト。
果たしてちゃんと熟していくだろうか。
熟することを願って、側芽を整理した。
P1360852.JPG

トマトの横、7番のきゅうりの畝で、捨てられたきゅうりの実から、自力で実生したたくさんのきゅうりの苗たち\(◎o◎)/!
どうしたものか、と一瞬考えるが、しかし今から育つようなものでもなさそうだし…(~_~;)
P1360858.JPG


     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 19:20| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。