2012年08月27日

2012年8月25日のUzumakiファーム その2猛暑の種まき〜白菜・山東白菜

110627ロゴ.jpg

今日は秋作の第1弾の種播きをする。
先週第1耕をした14番から20番の内、先に耕作を進める辺りに堆肥と有機肥料を用意する。
畝番号でいうと14番南北・18番南・19番南・20番南の4か所、2.5畝分だ。
P1360432.JPG
一袋10kg以上ある堆肥を計10袋、一袋ずつだから10回往復して運んだ。
全身から汗が噴出して、額からぽたぽた落ちる。

一休みをかねて(っていうか、休憩のための口実に(^^ゞ)、反対側(南側、ね)から全体を見てみる。
P1360433.JPG

撮影の後は、袋の口を切って、また一袋ずつ10回、堆肥を持ち上げて散布した。もちろん有機肥料も散布した。
P1360434.JPG

いつもお世話になっている耕運機、こまめパンチ。
すでに20年選手だが、故障もせずに良く働いてくれる。
もともとこの農園の持ち主が使っていたものを、今は5組で共同で使っている。燃料は無くなったら、そのとき使っていた耕作者が補充することになっている(^^ゞ
P1360435.JPG

こまめパンチを全力で引っ張って、なるべくゆっくり耕運させて、なるべく深く掘った(つもり(^^ゞ)。

18番〜20番の南半分の畝たてをする。
鍬とレーキでまっすぐに畝を立て、平らに均し、形を整える。
土が乾ききっていて、土ぼこりが上がるほどだ(ーー;)

左端が20番だ。
20番に白菜と山東白菜(山東菜)を播く準備をする。
まず、できるだけたっぷり(できるだけ、ね。水に限りがあるからね(ーー;))、潅水し、土を湿らせる。
P1360437.JPG

種はこれ。今年は長老の保崎先生が体調思わしくなく、自家採取(採種)の種ではなく、不本意ながら市販の種だ(ーー;)
P1360438.JPG

50cmピッチで、白菜も山東菜も各1条、12株ずつ、一か所に5〜6粒ずつを土に押し込む。
土をかけてから、足で強く踏んで土を固めた。
幾分か乾きにくくなるし、根がしっかりする、万一雨が降っても流れにくい、ということ、かな。
P1360440.JPG

靴で踏んだ穴に、乾燥防止用の(また、土壌改良の意味もあってだけれども)籾殻クンタンをひと掴みずつ入れていく。
真ん中は予備に播いたところだ。
P1360441.JPG

その上に乾燥防止用に、不織布と寒冷紗を2重にかけて、一応完了だ(^。^)
P1360442.JPG

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 22:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。