2012年08月19日

2012年8月16日のUzumakiファーム 夜の畑、無情にも日は沈む

110627ロゴ.jpg

17時に仕事を終えられたので、プランターのものたちに水遣りをしようと思い立って、大急ぎで帰宅して車で出発したが…。
P1003370.JPG

18時31分、無情にも、日は沈む。
時間との勝負、か〜〜〜(ーー;)

18時40分、やっとのことで畑到着。
日は最後の輝きを放って、すぐに闇が降りてきた。
P1003375.JPG

それでも、20か所も蚊に食われながら(T_T)
プランターのなすとこどもピーマンに水をやり、
伸びすぎたオクラときゅうりを、根性、で取って帰った。
P1003377.JPG

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら



posted by foody at 20:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年8月12日のUzumakiファーム その2サトイモの追肥・土寄せA、「果敢」なポーズ、ブレイク

110627ロゴ.jpg

みなで手分けして、サトイモの畝の肩を崩して施肥してゆく。
P1360099.JPG

最後に土寄せして、完了だ(*^^)v
P1360102.JPG

なぜか、サトイモの大きな葉っぱの下に出てきたトマトの苗(@_@。
きっとこぼれたダンボール堆肥か何かの中の種から生えたのに違いない。
サトイモの葉っぱが、日除けにちょうどいいね〜と佐々木さんが笑って、これにも、肥料をやった(*^^)v
P1360101.JPG

続いて収穫にかかる。
森さんが、とってもとっても採りつくせない(笑)トマトと格闘中♪
P1360106.JPG

高瀬さんは枝豆を手に、苦手な写真に果敢にポーズ。
P1360107.JPG
この人のポーズは「果敢」だと言いたい、気持ちがある。

高瀬さんは原因不明の難病で全身にさまざまな痛みが走る、線維筋痛症、を言葉には尽くせない沢山の努力で、たぶん、克服しつつあるだろう。
沢山の努力の途中で、そこここで、きっとわたしなら何もそこまでやらなくても、と思うようなことをきわめて前向きにやってのけてしまう、というような尋常ならざるポジティヴな精神のありようというものを会得してしまったであろう、か。

写真を一方的に「撮られる」、ということは、何か自分で無い自分が出来上がってゆく、作り上げられてゆくようなうそ寒さがある。
移された被写体は自分であるかもしれないが、写っている「像」は、もはや自分ではない、にもかかわらず「自分」であるかのように取り扱われる。
そのことによって、たぶん自分を勝手に切り取られるような痛みを感じることも、ある。
それは、V・ベンヤミンが「複製技術時代の芸術」と呼んだような、「ホンモノ」の消滅にもつながるような事態であり、時代と深く結ばれた鋭敏な感受性だけが受け取る、困難であり光栄でもあるだろう。

     ※      ※      ※

手馴れた4人で、さっさとやって、あっという間に大収穫完了だ♪
P1360108.JPG

収穫の後は、恒例のブレイクタイム♪
高瀬さんと森さんは、生のとうもろこし、ゴールドラッシュを齧って、甘〜〜〜い♪の一声だ。
P1360110.JPG

佐々木さんが、持参した冷たい(!)果物やら、バウムクーヘンやらを取り出して並べる。
芯まで熱くなった体に、冷たいキゥイフルーツが、染み渡るような美味しさだ。
P1360111.JPG

これは、高瀬さん持参の、半冷凍みかん。
半冷凍、が絶妙だ♪
佐々木さんは向こうで腰を下ろしてとうもろこしをかたづけている(^^ゞ
P1360113.JPG

ブレイクの後、用事のある高瀬さんは一足早く帰り、残った佐々木さんと森さんとわたしはもう一仕事して(キャベツの片付け、ね)ゆっくり、畑を楽しんだ。

     ※     ※     ※

プロジェクトユリイカ
■PROJECT eureka HPはこちら
■以前のブログはこちら

Uzumakiファーム
■Uzumaki HPはこちら
■UzumakiファームHPはこちら

posted by foody at 19:52| 神奈川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Uzumakiファーム2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。